News
JVTAについて
ABOUT JVTA

日本映像翻訳アカデミー 代表からのメッセージ
「映像翻訳者を目指す皆さんへ」

日本映像翻訳アカデミーが産声を上げたのは1996年。まだ、「映像翻訳」という言葉は広く知られておらず、劇場用外国語映画の字幕翻訳のみをイメージする人が多い時代でした。

しかし、時代の変化は私たちの想像をはるかに超える速度で進行しています。グローバリゼーションの大号令のもと、私たちの社会や日々の生活にとって、世界中から流入するメッセージや情報は欠かすことのできない存在になってきたのです。

その主軸となるのが映像によるコミュニケーションです。映画では、劇場公開数をはるかにしのぐ数の作品を、DVDソフトや衛星放送、インターネットを通じて鑑賞することが可能になりました。海外ドラマやニュース、生活情報番組、スポーツ番組、ドキュメンタリー映像、アニメーション、音楽エンターテインメント情報なども同様で、まさに、「世界の映像情報がシャワーのように降り注ぐ時代」が到来したのです。

では、そうした社会のニーズを適確に実現するプロフェッショナルとは誰なのか――。

日本映像翻訳アカデミーは、「映像翻訳者」という新たなスキルと高い意識をもった人材こそが、増え続けるニーズに応え得るプロフェッショナルであると確信しています。

これまで語学の学習に人生の多くの時間を費やし、その努力を継続する意志を持つ方、同時に、海外の映像作品を愛し、その素晴らしさを一人でも多くの視聴者に伝える仕事をライフワークにしたいと願う方は、ぜひ一度、日本映像翻訳アカデミーを訪れてください。



修了生サポートの実務と実績

日本映像翻訳アカデミーの修了生の進路は多岐に渡っています

映画やドラマの日本語版制作に伴う字幕/吹き替え翻訳といった映像翻訳受注はもちろん、CMの企画書、マンガの日英翻訳といった文書翻訳、DVD制作会社、番組制作会社への派遣・紹介まで、翻訳の受注だけなく、“メディア”に関連するものであれば、あらゆる翻訳分野や会社が修了生の活動フィールドです。
もちろん使用言語も英語だけではなく、中国語や韓国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語などさまざまな言語を仕事に活かすことが可能です。
さらに修了生が映像翻訳者として活躍しているのは、映画やテレビの分野だけではありません。当校では、映画/映像祭への協力・協賛を積極的に推進しており、そこで発生する大量の映像コンテンツに対し、「チーム翻訳」という独自のシステムのもと、非常に多くの修了生が映像翻訳に関わるチャンスをつかんでいます。

修了生のプロ化をサポートする専門の部門を併設

修了生がプロとして羽ばたく機会を提供するのが、当校の就業支援部門、メディア・トランスレーション・センター(MTC)です。
MTCは、1人でも多くの修了生をプロ化に導くことを任務としています。その目的のために10余名の映像翻訳ディレクターが正社員として常駐し、受講期間中、修了後を通じて講義とは別にさまざまな側面からプロ化をサポートしています。
修了後のトライアルの実施、少人数ゼミ形式のOJT(実務体験訓練)、実際の映像翻訳発注、登録企業の紹介など、通常のスクールでは例を見ない人員と手法で、実績を積み上げ、メディア業界、翻訳実務業界などから高い評価を得ています(MTC部門が翻訳や求人を受けている企業は300社以上に上ります。その一部は「会社概要」に掲載されています)。



国内外の映画祭への支援

映画祭はプロデビューの大切な舞台です

日本映像翻訳アカデミーは、国内外のさまざまな映画祭に協力しています。上映作品の翻訳やサポート業務、仕事から生まれた人脈などが、映像翻訳者としてのキャリアを築くきっかけとなった修了生も少なくありません。
また、海外の貴重な映画や質の高いドキュメンタリー作品などの翻訳経験を積めることに加え、普段は知ることができない映画祭の内側を体験できることも、大きな魅力と言えるでしょう。
映像翻訳以外でも、日本語版カタログの翻訳や、カタログなどに掲載する作品の紹介、監督や出演者のバイオグラフィーなどの英訳作業に関わる修了生も多くいます。さらに、映画祭事務局での運営業務、海外ゲストの通訳やアテンドなどのサポート業務なども行うことがあります。

extracurricular lessons

【2018年4月】スポッティング講座【日英】

本講座は、すでにスポッティング・ハコ切りの基本について学習した受講生・修了生の皆さんが、実際の仕事を見すえてより実践的なスキルを身につけるための講座です。

【2018年5月】120分でマスター! 最強の調べもの術

この講座では、MTCで受注したドキュメンタリーのボイスオーバー作品を題材に使いながら、訳文のクオリティーを保つために欠くことができない調べ物について学びます。

【2018年5月】作品解釈ワークショップ

受講生・修了生の皆さんからいただく質問のひとつに、「作品解釈をどんなふうに翻訳に生かせばよいのか分からない」というものがあります。この講座では、現在勉強中の皆さん、コースを修了してトライアル合格を目指している皆さんを対象に、映像翻訳者に欠かせないスキル、「作品の全体像をつかみ、翻訳に反映させる方法」を学びます。

英文法の「分かったつもり」を「分かった!」にする Part2【時制編】

★Part2のテーマは時制+能動態受動態。日本語と異なる時制の表現の細かな使い分け。「~(さ)れる」という受け身の表現が英語に比べて多い日本語を、自然な英訳をするために必要な能動態と受動態の状況に応じた使い分け。英語字幕をすんなり視聴者に理解してもらうために大切な文法をお教えします。

【2018年6月】字幕制作ソフトの使い方(英日・日英)

本講座は、字幕制作ソフト SST G1の操作と、実務で役立つ機能や使い方を学ぶ講座です。英日・日英コースで学んだ基本操作(ソフトの起動、映像の読み込みからスポッティング)の復習に加えて、実務で必要となる機能やテクニックを指南。実際の仕事で使用するために最低限必要となるノウハウを身につけられる内容となります。

【2018年6月】スポッティング講座(英日)

本講座は、すでにスポッティング・ハコ切りの基本について学習した受講生・修了生の皆さんが、実際の仕事を見すえてより実践的なスキルを身につけるための講座です。字幕制作ソフト SST G1を使って前課題を提出していただき、講座内では実務を想定したフィードバックを行います。

※終了しました【2018年1月】英文法の「分かったつもり」を「分かった!」にする 【冠詞編】

★Part1のテーマは冠詞+単数複数形。英文を読むときには全く問題無くても英文を書く時に意外と迷ってしまうaとtheの使い分けや、単数形と複数形の使い分け。これらを間違えてしまうだけで英語字幕の意味やニュアンスが変わってしまいます。どういった判断基準で使い分ければよいのかお教えいたします。

(終了しました)日英映像翻訳者のためのトーン、キャラクター書き分けマスター講座

本講座は、日英映像翻訳科の実践コース修了生を対象に英語字幕におけるトーンやキャラクターの書き分け方のコツを伝授します。視聴者が見て違和感のない字幕には、作品全体の雰囲気に合ったトーンと、登場人物の性別や年齢、職業、性格などにふさわしい言葉遣いが不可欠です。

【※終了しました】 GCAI LAB -5カ国代表が徹底トーク!ここがヘンだよ日本のインバウンド対応-

外国人の心をつかみ、外国人に向けて効果的に情報を届けるにはどうしたらいいのか? JVTAが運営するグローバル・パブリシスト養成校「GCAI 国際コミュニケーションアーツ学院」では、グローバル情報発信の最前線に立つ各国出身の5人を迎えてパネルディスカッション&交流会を開催します。日本からは「タイムアウト東京」のコンテンツディレクター・東谷彰子氏が登場。

※終了しました【2017年12月】JVTA講師が直接指導! Web講座フォローアップレッスン Part 1 字幕

Web講座を受講の皆さんから届く学習上の悩みで多いのは、「相対的に自分がどのくらいのレベルかがわからない」という声です。そこでJVTAでは、Web受講生を対象に、講師から直接指導を受けられる課外講座を開催しています。通学コースと同じように教室で他の参加者と一緒に講義を受けられる貴重な機会です。