News
NEWS
[JVTA発] 今週の1本☆inBLG

今週の1本 『名探偵ポアロ』
 7月のテーマ:願い

今週の1本 『名探偵ポアロ』<br /> 7月のテーマ:願い
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

7月のテーマ:願い

 

デヴィッド・スーシェ以外の人が演じるエルキュール・ポワロの姿なんて考えたこともなかったので、このニュースには心底驚かされた。

 
First ‘Murder on the Orient Express’ Trailer: Everyone Is a Suspect
『オリエント急行殺人事件』予告編(2017年)
http://variety.com/2017/film/news/murder-on-the-orient-express-trailer-watch-video-1202450356/

 
TVドラマや映画には、シリーズ化されるものがある。お馴染みのキャラクターたちが繰り広げるドラマや冒険をともに体験していくうちに、いつしかそれらのキャラクターたちは、作品の中だけではなく、視聴者の日常においても時にかけがえのない存在となったりする。

 
『名探偵ポワロ』(Agatha Christie’s Poirot)はアガサ・クリスティ原作による探偵エルキュール・ポワロ
を主人公としたイギリスのテレビドラマ。1989年から2013年にかけて、全70話で放映された。アガサ・クリスティのほぼすべての原作を映像化するという偉業を成し遂げたこのシリーズは、100か国以上、7億人の視聴者を獲得したという。浅川はこのシリーズが大好きだ。すでに全話を2回は観ている。

 
「原作に最も近いポワロ」と賞賛されるデヴィッド・スーシェのポワロ。なぜ、25年もの間、多くの人を魅了することができたのか。

 
あるインタビューで「ポワロは友人でしょうか?」との質問にスーシェはこう答えた。

 
—-彼を知り尽くしていると自負しているよ。私なら一日中街中にいて、ポワロの視点で世界を見ることができるし、彼が何をするかはっきり分かる。何時にいつどこに彼がいようとね。彼は腹心の友だ。
(「海外ドラマNAVI」2015年4月20日コラムより)

 

デヴィッド・スーシェは、アガサ・クリスティの原作に出てくるポワロの描写を、全作品から抜き出し、徹底的に研究したという。嗜好、価値観、思考回路、パラダイム、表情、品性、所作など微細に至るまで分析し、
実際に存在する人物のようにポワロを映像の中に再現したのだ。スーシェ自身の個性を捨て、ポワロへの愛情と尊敬に身を染めた。灰色の脳細胞を常に働かせるポワロの声を、スーシェは地声よりも1オクターブほど高く出していたそうだ。

 
私とスーシェ版ポワロの間には、歴史がある。
あらゆる事件に立ち向かうポワロと何百という時間を、ともに過ごした歴史だ。

 
70作品の中で『オリエント急行殺人事件」は浅川がいちばん好きなエピソードでもある。
アガサ・クリスティの原作も大傑作だし、スチュワート・ハーコートの脚本も抜群だし、ラチェットを演じたトビー・ジョーンズも最高なのだが、なんといってもデヴィッド・スーシェの「ポワロ感」が秀逸。己が持つ絶対的な正義と倫理観を容赦なく振りかざしながらも、根底にある慈愛の念との間に、時に、ポワロは深く傷つく。エンディングのシーンで描かれるポワロの背中がそれら内面のレイヤーを観客に伝え、感情をゆさぶる。

 
この冬、『オリエント急行殺人事件』は、ケネス・ブラナー卿が製作、監督、エルキュール・ポワロ役を務め映画となる。超豪華キャスト勢揃いで65mmフィルムで撮影されたらしい。

 
予告編を見ていただいただろうか。
ポワロがシュッとなっていた。
ロマンスグレーで毛量も豊か。髭もボワっとあった。

 
さて。
アガサ・クリスティー原作映像化の新時代の幕開けになるのか。
続編の制作がすでに検討されているらしいのだが、いくら、ケネス・ブラナーでもこれから25年間、ポワロを演じ付けるのは、不可能じゃないかな。

 
2017年冬が楽しみじゃないわけではない。でも、の正直な気持ちは。
例えば、渥美清じゃない車寅次郎とか、ピーター・フォークじゃないコロンボ刑事とか、武田鉄矢じゃない金八先生とか、ウィリアム・シャトナーじゃないカーク船長とかどうですか?ありですか?浅川的にはなしです。って感じ。それと同じくらいデヴィッド・スーシェのポワロは浅川にとって大事なのだ。

 
記憶にある中で、浅川が個人的に納得できた世代交代は、山田康雄から栗田貫一(ルパン三世)ぐらいである。

 

『名探偵ポアロ』
原作:アガサ・クリスティ
製作国:イギリス
出演:デヴィッド・スーシェ、ヒュー・フレイザー、フィリップ・ジャクソンほか
製作年:1989年~2013年

 
Written by 浅川奈美

 
〔JVTA発] 今週の1本☆ 7月のテーマ:願い
当校のスタッフが、月替わりのテーマに合わせて選んだ映画やテレビ番組について思いのままに綴るリレー・コラム。最新作から歴史的名作、そしてマニアックなあの作品まで、映像作品ファンの心をやさしく刺激する評論や感想です。次に観る「1本」を探すヒントにどうぞ。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page