News
会社概要
COMPANY OVERVIEW

日本映像翻訳アカデミー 会社概要

団体名称 日本映像翻訳アカデミー®
(特許庁商標登録番号:第4665515号、第4665516号)
学校運営法人 日本映像翻訳アカデミー株式会社
学校長兼
法人代表取締役社長
新楽直樹 (Niira Naoki)
役員 取締役 筆谷信昭
所在地 東京都中央区日本橋本石町3-2-4共同ビル(日銀前)2F/3F
資本金 30,000,000円
主たる事業 映像翻訳学校・英語学校「English Clock」の運営
翻訳事業 人材派遣事業及び紹介事業許認可取得(2006年8月)
部門構成 教務関連部門
翻訳部門
管理部門 合計:42名
契約型講師数 32名
取引銀行 三井住友銀行上野支店、みずほ銀行上野支店、三菱東京UFJ銀行銀座支店
関連子会社

法人名: 米国ロサンゼルス支社(100%子会社) Free Agent, Inc.
学校名: Japan Visualmedia Translation Academy, Los Angeles

法人代表者: 新楽直樹

所在地: 3510 Torrance Blvd., Suite 219, Torrance, CA 90503 U.S.A.

主たる事業: 米国を拠点とする映像翻訳教育事業
       映像翻訳業務の受発注、業界動向の調査
       映像コンテンツの輸出入における支援事業

取引銀行: 三井住友銀行ロサンゼルス支店

加盟団体

一般社団法人 日本翻訳連盟(JTF)
公益財団法人 フォーリン・プレスセンター賛助会員

主たる取引先 (教務関連部門)
◎共同事業
アルク(Web型映像翻訳教育モデルの開発と運営)
◎受講生募集広告の企画と掲載(五十音順)
アルク、朝日新聞社、イカロス出版、ジャパンタイムズ、 毎日コミュニケーションズ、読売新聞社、リクルート 他

(翻訳関連部門)
◎映像翻訳及びコンテンツのローカライズ発注元(五十音順)
ADKアーツ、AOL、エイベックス・エンタテインメント、NECビッグローブ、NHK、角川書店、クリーク・アンド・リバー社、慶応義塾大学、講談社、国連難民高等弁務官事務所、ジェイ・スポーツ、ジュピターテレコム、松竹、世界銀行、世界経済フォーラム、ソースネクスト、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク、テレビ朝日クリエイト、電通、電通テック、TBSテレビ、東映アニメーション、東京芸術大学、東京大学、東宝、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン、日経ナショナル ジオグラフィック、日経BP、日本テレビ、日本コンベンションサービス、Vice Media Japan、FOXインターナショナル・チャンネルズ、フジテレビジョン、ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオンエンタープライズ 他

◎映画祭・映像祭 映像翻訳支援プロジェクト(五十音順)
恵比寿映像祭、LA EigaFest、京都国際学生映画祭、J-POP SUMMIT FESTIVAL、したまちコメディ映画祭 in台東、City Lights映画祭、Zipangu Fest、ジャパン・フィルム・フェスティバル ロサンゼルス、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、東京国際映画祭、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭、トーキョー ノーザンライツ フェスティバル、Nippon Connection、ブラジル映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、UNHCR難民映画祭 他
extracurricular lessons

話題作を手がける売れっ子翻訳者が語る 「吹き替え翻訳はこんなに面白い!」

第一線で活躍する映像翻訳者、瀬尾友子さんを招いて、吹き替え翻訳の楽しさや魅力、業界の今を存分に語っていただくセミナーを開催します。瀬尾さんは、JVTAの修了生でもあり、かつては講師も担当。レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』をはじめ、多くの劇場公開作品やテレビドラマシリーズの吹き替え翻訳を手がけています。

映像翻訳者としてのこれからを考えるセミナー

プロとして活躍中の映像翻訳者から直接話を聞ける「映像翻訳者としてのこれからを考えるセミナー(略して“これセミ”)」。JVTA開校当初から毎期開催している人気講座です。

【2018年2月】スポッティング講座(英日)

本講座は、すでにスポッティング・ハコ切りの基本について学習した受講生・修了生の皆さんが、実際の仕事を見すえてより実践的なスキルを身につけるための講座です。字幕制作ソフト SST G1を使って前課題を提出していただき、講座内では実務を想定したフィードバックを行います。

【2018年2月】120分でマスター! 最強の調べもの術

この講座では、MTCで受注したドキュメンタリーのボイスオーバー作品を題材に使いながら、訳文のクオリティーを保つために欠くことができない調べ物について学びます。

【2018年3月】JVTA講師が直接指導! Web講座フォローアップレッスン Part 3 作品解釈

Web講座を受講の皆さんから届く学習上の悩みで多いのは、「相対的に自分がどのくらいのレベルかがわからない」という声です。そこでJVTAでは、Web受講生を対象に、講師から直接指導を受けられる課外講座を開催しています。通学コースと同じように教室で他の参加者と一緒に講義を受けられる貴重な機会です。

【2018年3月】プロは原文をどう読み解けばいいのか  目指すべき訳文づくりのポイント

この講座では、English Clock主任の山根克之講師がポイント別の演習を通じて英日翻訳のプロセスを具体的に解説。英文解釈力に自信がない方は、弱点を知り克服するチャンスです。ぜひ、ご参加ください。

日英映像翻訳者のためのトーン、キャラクター書き分けマスター講座

本講座は、日英映像翻訳科の実践コース修了生を対象に英語字幕におけるトーンやキャラクターの書き分け方のコツを伝授します。視聴者が見て違和感のない字幕には、作品全体の雰囲気に合ったトーンと、登場人物の性別や年齢、職業、性格などにふさわしい言葉遣いが不可欠です。

【2018年3月】スポッティング講座【日英】

本講座は、すでにスポッティング・ハコ切りの基本について学習した受講生・修了生の皆さんが、実際の仕事を見すえてより実践的なスキルを身につけるための講座です。

TOEIC(IP)テスト

TOEIC「Institutional Program(IPテスト)」とは ■試験内容、評価法はすべて公開TOEICに準じ、協会が行った採点結果が通知されます。(一括して学校に届きます) ■「公式認定証」は発行されません。ただし、得点は協会認定のものですので、履歴書等に記載できます。 ■公開テストに比べ、受講料が安価です。

【2018年4月】字幕制作ソフトの使い方(英日・日英)

本講座は、字幕制作ソフト SST G1の操作と、実務で役立つ機能や使い方を学ぶ講座です。英日・日英コースで学んだ基本操作(ソフトの起動、映像の読み込みからスポッティング)の復習に加えて、実務で必要となる機能やテクニックを指南。実際の仕事で使用するために最低限必要となるノウハウを身につけられる内容となります。

TOKYO NEWS
2月24日(土)公開『あなたの旅立ち、綴ります』の日本語字幕を修了生の今井祥子さんが担当 

2月24日(土)公開『あなたの旅立ち、綴ります』の日本語字幕を修了生の今井祥子さんが担当 

02.23.2018 TYO

2月24日(土)公開[…]

more >
2018年1月 日英オープントライアル 結果発表

2018年1月 日英オープントライアル 結果発表

02.09.2018 TYO

合格者1名、次点7名で[…]

more >
2018年1月   英日オープントライアル合格者発表

2018年1月 英日オープントライアル合格者発表

02.09.2018 TYO

合格者5名、次点20名です。 以下敬称略。
  ■合格者 佐藤朝子 高橋賢 平石未来子 水野明美 受験番号420 […]

more >