News
NEWS
LA

【留学生インタビュー】短期留学中の松岡誠治さんが語る
プレパラトリ-コースの魅力

【留学生インタビュー】短期留学中の松岡誠治さんが語る<br/>プレパラトリ-コースの魅力
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

ロサンゼルス校では短期留学も受け付けています。大学の夏休みや、会社の休暇を利用して、仕事で使える英語力を鍛えたい方に最適です!今回は、現在、プレパラトリーコースに短期留学中の松岡誠治さんにお話をうかがいました。
 
2_SM_02
 
■これまでのご経歴を教えてください。
 
大学卒業後、ワーキング・ホリデーを使ってオーストラリアに1年滞在しました。現在は、東京で映画関係の仕事をしています。
 
■JVTAロサンゼルス校に短期留学しようと思ったきっかけは?
 
以前、英語力のブラッシュアップのために学校を探した時に、日本映像翻訳アカデミー(JVTA)のことを知りました。JVTAにはロサンゼルス校があるのが魅力でした。短期留学も可能ということで、受講したいと思っていたところ、勤務先から長期休暇をもらえるチャンスがあり、思い切って留学を決めました。
 
英語プラスアルファの勉強をしたかったので、プレパラトリーコースのカリキュラムはとてもいいと思ったんです。英会話を超えたビジネスで使える英語を学べると思いました。
 
■実際にロサンゼルス校に来てみていかがですか?
 
英語ネイティブの先生と日本人の先生との割合がちょうどいいと思いました。滞在1週目は、いきなり英語環境に入って切り替えをしなければいけなかったので、少しきつかったです。アメリカ滞在は初めてで、たとえばチップの習慣など文化的な違いもありますし、授業も初めてですし、戸惑うこともありました。でも、2週目からは、環境や授業の流れにも少しずつ慣れてきて余裕が出てきました。
 
■授業の様子を教えてください。
 
プレパラトリーコースは本格的に翻訳・通訳を学ぶための準備段階のコースであるとはいえ、ある程度は英語ができる前提なので、スタートレベルが違いますね。授業内容にしても、課題にしても、これを半年やれば身につくと思いました。
 
コミュニケーションのクラスでは、英文を音読するという課題が出ました。事前に英文が書いてある紙を渡され、自分で音読したものを録音して、先生に音声ファイルをEメールで提出するのです。授業では、先生がその音声を再生しながら、発音やイントネーションの指導をします。自分の声を客観的に聞くので欠点もわかるし、その場で何度も繰り返し指導を受けるので、発音が上達したと実感しています。
 
ライティングのクラスでは、本格的に翻訳の勉強を始める準備として、翻訳のための英文法のおさらいなどをします。たとえば冠詞の使い分けや意味の違いなどがわかってきたので、これは役立つと思いました。先生のお話の中には、知らない単語もたくさん出てくるので、スペルを予想して後から調べたりしています。
 
通訳クラスでは、授業で初めて音声を聞いて訳していくので、即応力が必要です。英語の音声を聞き取れなかったり、すぐに訳が出てこないこともあります。でも、予習復習をちゃんと続けたら、これは身につきますね。
 
翻訳クラスでは、興味のない分野のものも課題に出るので、語彙が増えます。先日の授業ではインタビュー素材を扱ったのですが、本だけでは学べない生きた英語を学べたと思います。
 
■余暇はどのように過ごしていますか?
 
3_TNG_01
 
ロサンゼルス校の先生に映画の特別試写会などに連れていってもらいました!
 
探偵コメディー映画『The Nice Guys』の試写会では、人気俳優ライアン・ゴズリングやラッセル・クロウ、『アイアンマン3』の監督・脚本もしたシェーン・ブラック監督、映画『マトリックス』や『シャーロック・ホームズ』シリーズで知られるプロデューサーのジョエル・シルヴァーのQ&Aがあり、目の前で彼らの話を直接聞くことができました。
 
昨年、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したSFロマンス映画『The Lobster』の試写会では、主演のコリン・ファレル、ジョン・C・ライリー、アリアーヌ・ラベド、そしてヨルゴス・ランティモス監督のQ&Aが行われ、手の届くような距離で話を聞き、コリンからサインをもらうこともできました。そういえばコリンは、デビューした頃に「ブラピの再来」と言われていましたね。
 
映画のプレミアにも連れていってくれるということなので、今からとても楽しみにしています。本当に一生できるかどうかという経験をしています!
 
5_CF_016_CF_02
■余暇はどのように過ごしていますか?
 
週末は、なるべくどこかに出かけるようにしています。先日はラスベガスに行ってきました。滞在中には、できればサンフランシスコやニューヨークにも行きたいと思っています。
 
■短期間でもいろいろチャレンジしていますね。
 
学校と余暇のアクティビティの両立をするために、時間の使い方もうまくなったと思います。また、日本にいた時には、新しいものにあまり興味がわかなかったり、行動を起こすまでに時間がかかったりしていましたが、留学中の経験で行動力もついたと思います。最初は、自分で旅行のアレンジなどをするのにも不安がありましたが、やっているうちに難なくできるようになったし、知らないことを知るのがとても楽しいと感じています。
 
■留学してみていかがでしたか?
 
最初は、短期だと意味がないかなと思ったりもしたのですが、まだ受講途中でもすでに伸びを実感できているので、本当に来てよかったと心から思いました!大げさに聞こえますが、この先の生き方が変わってくる経験ができたと思います。
 
*****
短期だからこそ、勉強と異文化体験に精力的にチャレンジされている松岡さん。残りの留学期間もがんばってください!
 
 

☆現在JVTAロサンゼルス校 M-1ビザ留学コースに2016年10月期から入学を希望する方を対象に奨学生の募集しています。
詳細は下記サイトへ。

http://www.jvta.net/?p=11455/
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page