News
NEWS
voiceinLA

【留学生インタビュー】授業、映画イベント、ドラマ収録の観覧…ハリウッドを楽しむ留学!

【留学生インタビュー】授業、映画イベント、ドラマ収録の観覧…ハリウッドを楽しむ留学!
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

 
映像翻訳を学ぶ場所が多様化しているのはご存じですか? 東京校だけで全過程を修了する人もいれば、自宅で東京校の授業をライブかつインタラクティブにオンライン受講したり、ウェブ講座を受講する方もいます。また、ウェブ講座から通学に切り替える人も少なくありません。今年4月にロサンゼルス校での留学を終えた落合菜々さんは、英日映像翻訳科の「総合1」と「総合2」を東京校で受け、「実践」をロサンゼルス校で受講しました。その選択に至った理由や現地での留学生活について伺いました!
 
0K9A5125
 
●英語を勉強するだけの留学はしたくない
入学前から映像翻訳だけではなく、留学にも興味を持っていました。ただ、その時にまだ仕事もしていましたし、もう少し留学費用を貯めたかったので、まずは東京校に通うことにしました。総合1と総合2を受けている間も留学のことは常に頭にあり、行きたい気持ちがどんどん募っていきました。経済的な部分の目途が立ったこともあり、実践をロサンゼルス校で受講しようと決意しました。

 
●講師やクラスメートに刺激され、発言も積極的に!
ロサンゼルス校の授業では、技術的なこと以外にも教えられることが多くありました。講師から質問を投げかけられ、「間違ったらどうしよう」という恥ずかしさから、すぐに答えられないことがありました。そんな時「間違いを恐れずにどんどん発言をするように」というアドバイスをもらいました。最初は勇気がいりましたが、実行してみると、間違えたからこそ覚えられたことも多く、スキルアップに繋がったと感じています。自分の中にあった、いらない壁を取り払ってくれた講師のアドバイスに感謝です。

 
0K9A0225
 
●近所の人たちとの会話の中にスキルアップのヒントが!
ホームステイをしていたのですが、近所の人たちとも仲良くさせてもらいました。私の髪を切ってくれる親切な人もいたりして。それに、彼らの世間話には英語ネイティブがよく使う表現が満載なので、注意深く聞くことで語彙も増えていきました。その一方で、アメリカにいると綺麗な日本語を聞く機会が少なくなります。日本語力を維持するために、朝の支度をしながらポッドキャストでNHKのラジオを聞いていました。英語だけではなく、日本語に触れることも留学生活には必要です。

 
●映画イベントやドラマ収録の観覧はハリウッドにいるからこその経験!
ロサンゼルス校の講師のご厚意で、映画のイベントに連れて行っていただきました。どのイベントも印象的だったのですが、1つあげるとしたらリチャード・ギアが登場したイベントです。スクリーンで観る以上に素敵な姿に釘付け! その日は日曜日だったのですが、登場するや否や「日曜日なのに、みんな暇なの?」とジョークを飛ばし、場を和ませていました。ほかにもさまざまな映画イベントに参加したのですが、時には歴史ある大手映画会社の撮影スタジオ内でQ&Aセッションやパーティーが開催されることもあり、とても楽しく貴重な経験をしました。スターや監督からもらったサインは今でも宝物です。
また、私は海外ドラマの中でもシットコム(シチュエーション・コメディの略で、登場人物や舞台が固定された一話完結のコメディドラマ)が大好きなので、授業のない日や時間にはドラマ収録の観覧にも行きました。観覧希望者向けの情報サイトがあるので、その中から予定が合うものを選び、応募します。抽選の場合もありますが、平日は行けるチャンスが多いかもしれません。収録中の待ち時間にはコメディアンが登場。キャストを呼んで一緒に観客に話しかけたりすることもありました。”Man with a Plan”の収録を観に行った時は、キャストの一人であるライザ・シュナイダーが横に来て話しかけてきてくれて、ドキドキしました。映画イベントの参加や番組観覧は、ロサンゼルス校に留学しなければできなかった経験だと思います。

 
0K9A5113
 
 
●トライアルを目指して、日々奮闘中!
約1年間の留学を終えて、帰国した今はトライアル合格を目指し、日々勉強をしています。英語力を維持するために、毎日単語帳を見たり、ドラマを英語で観ながら字幕を考えてみたりしています。プロになったら、大好きな海外ドラマはもちろん、いろいろなジャンルの作品を手がけてみたいです。

 
映像翻訳を学ぶ前から海外ドラマが大好きだったという落合菜々さん。幸運にもホームステイ先の方がテレビ好きで、いろいろなドラマを観ることができたそうです。勉強だけに時間を割くのではなく、ハリウッドならではのイベントやドラマ収録にも参加しました。留学中に出会ったクラスメートとは、帰国後も連絡を取り合って、情報交換などをしているそうです。落合さんの留学経験は、そのすべてが今後のステップアップになくてはならないものとなりました。プロの映像翻訳者を目指して、ますます頑張っている落合さんをJVTAはこれからも応援します!

 
 
留学相談会の詳細・お申し込みはこちらから
https://www.jvta.net/la/soudankai/

 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page