News
NEWS
schoolinLA

【1週間からの短期留学も可能】ロサンゼルス校プレパラトリーコースを徹底解明!

【1週間からの短期留学も可能】ロサンゼルス校プレパラトリーコースを徹底解明!
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

ロサンゼルス校のプレパラトリーコースは、翻訳や通訳に必要な英語力を強化するためのコースで、「コミュニケーション」「ライティング」「通訳」「映像翻訳/実務翻訳」の4つのクラスで構成されています。
翻訳に興味があっても英語力に自信のない方や、プロの映像翻訳者を目指して翻訳力や英文解釈力などをアップしたい方、語学力を生かした仕事に就きたい方、ビジネスで英語が必要になってしまい効率よく鍛える方法を模索している方などにおすすめのコースです。
4つのクラスでは、どんなスキルの習得を目的にどんな授業が行われるのか、実際に受講した留学生の竹村亮佑さんと松政彩乃さんに各クラスの様子と感想を聞いてみました。

★コミュニケーションクラス(竹村さん)
正しい発音とアクセントを習得するために、自分が英文を朗読する姿を動画に撮る課題があります。授業の中で動画を見ながら先生が良い点、直すべき点を丁寧に指導してくれます。実際に自分が発音している様子を見るので、よく理解でき改善していけるのです。また授業では、即興でスピーチをすることもありました。少し戸惑いましたが、その演習があったおかげでお店などで急に話かけられた時でもスムーズに会話ができ、度胸と対応力を身につけることができたと思います。
<クラス紹介>
コミュニケーションクラスでは、発音やイントネーション、アクセントの矯正をしていくので、“アメリカ人に伝わりやすい英語”を身につけていくことができます。アメリカではスーパーやお店でよく話しかけられるので、授業で習ったことを外に出て積極的に実践するのが上達のコツ。また、ディベートやパブリックスピーキングなどで、自分の意見を効果的に伝える力を養います。

アーロン講師の授業

アーロン講師の授業


★ライティングクラス(竹村さん)
ニュース記事や小説、映画などの内容を要約して文章にまとめる授業では、重要な部分を読み取り、短くシンプルにまとめるスキルを身につけることができ、映像翻訳の学習にも活用できると感じました。また、正しい英文法や冠詞の使い方、文章の構成についても学ぶことができ、ニュース記事などを読む時は、それらがどのように使われているか、より注意を払うようになりました。
<クラス紹介>
ライティングクラスでは、簡潔で分かりやすい英文を書くための基礎を学びます。自分の意見をそのまま訳すだけではなく、英語圏の人の考え方を学び、英語として自然な文章を書く練習をします。英語は冠詞や前置詞の有無・違いなどで大きく意味が変わるもの。細かいニュアンスを正確に理解することは、日英翻訳に欠かせないスキルです。

学校のイベントで講師やクラスメートと語らう竹村さん(中央)

懇親会で講師やクラスメートと語らう竹村さん(中央)


★通訳クラス(松政さん)
本格的な通訳訓練を、基礎から受けることができます。たとえば、聞こえてくる英語をその場で日本語に要訳する訓練があり、最初はとても難しく感じましたが、回数を重ねるごとに慣れてきました。それでも思うように言葉が出てこないことがありますが、この訓練を行ったことで、聞いた英語を瞬間的に理解して訳す力が確実に身についてきていると感じられます。
<クラス紹介>
通訳クラスでは、英文解釈に必要な文法・構文を見直しながら、主に英語から日本語への逐次通訳訓練を行います。通訳者を養成するためのさまざまな訓練メソッドを用いるので、リスニングとスピーキング力が効率的に鍛えられ、集中力も高まります。プレパラトリーコースでは、分量が比較的短めで、アメリカ人の普通の会話スピートより少し遅めの教材を使うので、初心者の方でも安心して受講できます。
映画イベントに参加した松政さん(左)

映画イベントに参加した松政さん(左)


★映像翻訳/実務翻訳クラス(松政さん)
映像翻訳と実務翻訳のどちらの演習でも、内容を正確に理解できているか、適切な訳出ができているかを細かく確認していきます。授業の中では、クラスメートの訳にも触れることができるので、自分では思いつかない表現や言葉選びを学べる機会にもなりました。
<クラス紹介>
映像翻訳クラスでは、映像素材を使ってカジュアルな口語やネイティブが使う生きた表現を学びます。実務翻訳クラスではアメリカのビジネスの現場で実際によく使われる英語表現などを学びながら、読解力・語彙力・訳出力を強化していきます。両クラスとも、正しい原文解釈力と翻訳の基礎力の強化を図り、適切な訳語や表現・表記などを効率よく探せるよう、翻訳者に必要な調べ物のスキルも養っていきます。
実務翻訳クラス、授業の様子

実務翻訳クラス、授業の様子


どのクラスでも、課題や演習を通してしっかりとスキルを強化していく構成になっています。実際に受講した留学生たちも講師たちの細かな指導で、翻訳や通訳に欠かせない英語解釈力・表現力のアップを実感しています。
またプレパラトリーコースは、1週間からの短期受講も可能なので、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始を利用して弱点の克服やプチ留学を体験したい方にもおすすめです。少しでもご興味があれば、東京校で月1回開催している留学相談会にお越しください。専任スタッフがより詳しくご説明します。

☆詳細・お申し込みはこちら
https://www.jvta.net/la/soudankai/
☆松政さんが参加した映画イベントの記事はこちら
https://www.facebook.com/JvtaLa/posts/10153968797852513
☆今年の年始に1週間の短期留学を実現させた宮本和子さんの記事はこちら
http://www.jvta.net/la/tanki-ryugaku-miyamoto-san/

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page