ジョナサン・ホール

[日英翻訳概論、字幕・プレスキット翻訳]

ニュージャージー州出身。米国有数のリベラル・アーツ・カレッジであるカリフォルニア州ポモナ大学勤務。日本、中国、東南アジアを中心としたアジア映画を専門とし、教鞭を取るほか普及活動にも従事。日本在住歴は通算10年を超え、日本映画界での実績は、字幕制作、制作通訳、プレスキット作成、海外プロモーションなど幅広い。また海外で制作された日本に関するドキュメンタリーのプロデュースも手掛ける。現職以前にはカリフォルニア大学バークレー校およびシカゴ大学で教鞭を取った。2004~2005年にはJPEX: Japanese Experimental Film & Video, 1955-now(JPEX:日本の実験映画とビデオアート/1955年~現在)のキュレーターとして北米7都市のツアーを実施。現在も北米とアジア各地で日本映画についての講演、講義、PR活動などを積極的に行う中、日本映像翻訳アカデミーからの招聘を受け特別講師として講座を担当。

トニー・キム

[字幕]

ビジネストレーナー/翻訳者。アメリカ出身。カリフォルニア大学バークレー校政治学部国際関係科卒。ビジネスコミュニケーションの専門家として、1986年から大手自動車メーカーや製薬会社など多くの企業で研修を担当。また複数の大学で大学院生を対象にしたプレゼンテーション研修の講師を務める。「自分らしいコミュニケーションスタイルを大切に」がモットー。
Julianne.net

ジュリアン・ロング

[ドキュメンタリー字幕]

オーストラリア、メルボルン出身。2001年より東京在住。大手外資系通信社の社内弁護士として来日したが、2011年にJVTAの日英映像翻訳コースを修了し、以降、フリーランス翻訳者としてさまざまな映像翻訳の現場で活躍するようになる。NHK海外放送番組の英語プロジェクトマネージャー(翻訳・リライト・収録立会いなどのサポート業務全般)を1年間務め、その他に海外放送番組や長編映画、企業VP、映画際のカタログの英訳まで、多岐にわたる映像翻訳に携わる。英語字幕を担当した作品は、濱口竜介監督の『Happy Hour』、谷口未央監督の『彦とベガ』、大島渚監督の『忍者武芸帳』、『美味しんぼ』のアニメ版など。日本翻訳者協会(JAT)の映像翻訳分科会「JATENT」も担当している。

ノーマン・イングランド

[字幕翻訳]

ニューヨーク市出身、1993年より日本在住。金子修介監督作品『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の撮影現場の取材で映画ライターとしてのキャリアをスタートし、以降、米「FANGORIA」誌の日本駐在記者として、『ゴジラ』シリーズ、『呪怨』、『デスノート』など数々の映画を取材し記事を執筆してきた。翻訳者としては日活の対海外マーケット向けレーベルSushi Typhoonの作品をはじめ、メジャーとインディペンデントの垣根を超えた数多くの長短編映画の英語字幕やプレスキットを手がけている。また監督、脚本家、セットフォトグラファーとしても精力的に活動しており、海外配給・販売用にキャッチコピーを作るなどコピーライティングの実績も多数ある。現在『映画秘宝』誌において、1980年代にニューヨークで流行したグラインドハウスで見た傑作ジャンル映画についてコラムを連載中。

スタンザーニ・ピーニ 詩文奈

[マンガ翻訳]

翻訳者、コラムライター、コミック研究家、タレント。英伊コミック翻訳を多数手がける。2009年にJVTAで特別セミナーを開催。日本の漫画やアニメの専門家として翻訳(英伊)に従事する傍ら、日本漫画、ポップ文化、イタリア等について放送メディア、紙媒体、ウェブなどに多くの記事・インタービュー・評論を寄稿(伊・和・英)する。コラムやブログ、ビデオ取材で海外に向けて日本アニメや漫画文化情報を英語で紹介する活動にも取り組んでいる。

相原 拓

映像翻訳ディレクター

当校の修了生支援部門、メディア・トランスレーション・センター所属。アメリカで20年過ごし、大学を卒業後に帰国。現在は映像翻訳ディレクターと講師を務める。クライアントはフジテレビジョンやVICE Japanなど。主にスポーツ番組(英日)や海外出品用の映画(日英)を担当。手がけた英語字幕は長編映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』など。

新楽 直樹

日本映像翻訳アカデミー(東京校・ロサンゼルス校)代表

雑誌編集、メディア・プランニング会社経営を経て、1996年に日本映像翻訳アカデミーを設立。1000名以上のプロを育成し、「映像翻訳」という職能の確立・定義を行う。編・著書に、「映像翻訳者になろう」、「翻訳者になるための練習問題100」、「ライターになるための練習問題100」など。