ジョナサン・ホール

[日英翻訳概論、字幕・プレスキット翻訳]

ニュージャージー州出身。米国有数のリベラル・アーツ・カレッジであるカリフォルニア州ポモナ大学勤務。日本、中国、東南アジアを中心としたアジア映画を専門するほか、アジア映画の普及活動にも従事。日本在住歴は通算10年を超え、日本映画界での実績は、字幕制作、制作通訳、プレスキット作成、海外プロモーションなど幅広い。また海外で制作された日本に関するドキュメンタリー番組のプロデュースも手がける。現職以前にはカリフォルニア大学バークレー校およびシカゴ大学で教鞭を取った。2004~2005年にはJPEX: Japanese Experimental Film & Video, 1955-now(JPEX:日本の実験映画とビデオアート/1955年~現在)のキュレーターとして北米7都市のツアーを実施。現在も北米とアジア各地で日本映画についての講演、講義、PR活動などを積極的に行う。

横山治奈

[字幕]

カルフォルニア州出身の日系アメリカ人。小学〜高校は、現地校に通いながら日本人学校へ。大学はUC Riversideにて経済を専攻に学び、卒業後ロサンゼルスにある貿易会社に就職。その後、JVTAロサンゼルス校にて字幕翻訳の勉強を始め、東京校に留学するため、2011年に来日。英語講師などのアルバイトをしながら2013年に日英コースを終了し、プロの字幕翻訳者デビュー。現在は、様々な分野の日英翻訳、通訳、ネイティブチェッカー、スクリプト起しなどの仕事に従事している。

スタンザーニ・ピーニ 詩文奈

[マンガ翻訳]

カルフォルニア州翻訳者、コラムライター、コミック研究家、タレント。英伊コミック翻訳を多数手がける。日本の漫画やアニメの専門家として翻訳(英伊)に従事する傍ら、日本漫画、ポップ文化、イタリア等について放送メディア、紙媒体、ウェブなどに多くの記事・インタービュー・評論を寄稿(伊・和・英)する。コラムやブログ、ビデオ取材で海外に向けて日本アニメや漫画文化情報を英語で紹介する活動にも取り組んでいる。

相原 拓

[]

映像翻訳ディレクター。当校の修了生支援部門、メディア・トランスレーション・センター所属。アメリカで20年過ごし、大学を卒業後に帰国。現在は映像翻訳ディレクターと講師を務める。クライアントはフジテレビジョンやVICE Japanなど。主にスポーツ番組(英日)や海外出品用の映画(日英)を担当。手がけた英語字幕は長編映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』など。

ダグ・ジャクソン

英語表現力

ライター/編集者。アメリカ、カリフォルニア州出身。コミュニケーション・コンサルタント会社Fresh Eyes Communications代表。1981年に来日後、大手自動車メーカー、出版社、政府機関などの社内報やIRを手がける。SNSを活用した企業・団体関連のPRライティング経験も豊富。共著書に『バンクーバー朝日 ~日系人野球チームの奇跡~』(文芸社)の英訳版『More Than a Baseball Team: The Saga of the Vancouver Asahi 』(Media Tectonics)がある。