横山治奈

[台本]

カルフォルニア州出身の日系アメリカ人。小学〜高校は、現地校に通いながら日本人学校へ。大学はUC Riversideにて経済を専攻に学び、卒業後ロサンゼルスにある貿易会社に就職。その後、JVTAロサンゼルス校にて字幕翻訳の勉強を始め、東京校に留学するため、2011年に来日。英語講師などのアルバイトをしながら2013年に日英コースを終了し、プロの字幕翻訳者デビュー。現在は、様々な分野の日英翻訳、通訳、ネイティブチェッカー、スクリプト起しなどの仕事に従事している。

足立ゆりかリリー

[VO]

米国で出生後、13歳まで在住。東京ディズニーシーの建設プロジェクトで現場通訳を勤めた後、都内のテレビ局で、社内通訳・翻訳に携わる。2011年4月にフリーランスへ転向。同年8月に英語字幕・ボイスオーバーを手がけた、ドキュメンタリー番組『わ・す・れ・な・い・東日本大震災155日の記録』が第71回ピーボディ賞を受賞。ドキュメンタリー、映画、バラエティ等の日英字幕・ボイスオーバーに加え、その他様々な分野の翻訳を担当。最近では翻訳作業に加え、字幕編集も請け負い、英語字幕入りの完パケ映像を納品することもある。
minami.net

南 久美子

[字幕]

父親の転勤に伴い小学校~高校をカナダ、日本、UAE、イギリスで学び、高校卒業後に帰国。国際基督教大学教養学部でコミュニケーションを専攻。卒業後、日本の保険会社及び外資系の旅行会社に勤務。その後、夫の留学に付き添い米国に在住中、コンピュータープログラミングなどを学ぶ。帰国後、特許事務所に入社し、特許翻訳の仕事に7年間携わる。違う分野の翻訳を模索中にJVTAを知り、2013年に日英映像翻訳科実践コースを受講・修了。現在は特許翻訳を続けながらテレビ、WEB動画、映画、企業PV等の日英字幕やボイスオーバーを担当。

ノーマン・イングランド

[字幕翻訳]

ニューヨーク市出身、1993年より日本在住。金子修介監督作品『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』の撮影現場の取材で映画ライターとしてのキャリアをスタートし、以降、米「FANGORIA」誌の日本駐在記者として、『ゴジラ』シリーズ、『呪怨』、『デスノート』など数々の映画を取材し記事を執筆してきた。翻訳者としては日活の対海外マーケット向けレーベルSushi Typhoonの作品をはじめ、メジャーとインディペンデントの垣根を超えた数多くの長短編映画の英語字幕やプレスキットを手がけている。また監督、脚本家、セットフォトグラファーとしても精力的に活動しており、海外配給・販売用にキャッチコピーを作るなどコピーライティングの実績も多数ある。現在『映画秘宝』誌において、1980年代にニューヨークで流行したグラインドハウスで見た傑作ジャンル映画についてコラムを連載中。

ジョナサン・ホール

[日英翻訳概論、字幕・プレスキット翻訳]

ニュージャージー州出身。米国有数のリベラル・アーツ・カレッジであるカリフォルニア州ポモナ大学勤務。日本、中国、東南アジアを中心としたアジア映画を専門とし、教鞭を取るほか普及活動にも従事。日本在住歴は通算10年を超え、日本映画界での実績は、字幕制作、制作通訳、プレスキット作成、海外プロモーションなど幅広い。また海外で制作された日本に関するドキュメンタリーのプロデュースも手掛ける。現職以前にはカリフォルニア大学バークレー校およびシカゴ大学で教鞭を取った。2004~2005年にはJPEX: Japanese Experimental Film & Video, 1955-now(JPEX:日本の実験映画とビデオアート/1955年~現在)のキュレーターとして北米7都市のツアーを実施。現在も北米とアジア各地で日本映画についての講演、講義、PR活動などを積極的に行う中、日本映像翻訳アカデミーからの招聘を受け特別講師として講座を担当。

上田英美里

[ドキュメンタリー字幕]

東京生まれ。小学校卒業を機にイギリスに移住。大学では学士課程で英語学を専攻し、修士課程では宗教哲学を専攻。卒業後、東京に戻りアパレル企業に就職。映画が好きで字幕翻訳に興味を持ち、平日夜間に日英映像翻訳科コースを受講、修了。現在はフルタイムの仕事の傍ら、フリーの時間を活用し漫画翻訳や映画の日英字幕を担当している。

スタンザーニ・ピーニ 詩文奈

[マンガ翻訳]

翻訳者、コラムライター、コミック研究家、タレント。英伊コミック翻訳を多数手がける。2009年にJVTAで特別セミナーを開催。日本の漫画やアニメの専門家として翻訳(英伊)に従事する傍ら、日本漫画、ポップ文化、イタリア等について放送メディア、紙媒体、ウェブなどに多くの記事・インタービュー・評論を寄稿(伊・和・英)する。コラムやブログ、ビデオ取材で海外に向けて日本アニメや漫画文化情報を英語で紹介する活動にも取り組んでいる。

相原 拓

映像翻訳ディレクター

当校の修了生支援部門、メディア・トランスレーション・センター所属。アメリカで20年過ごし、大学を卒業後に帰国。現在は映像翻訳ディレクターと講師を務める。クライアントはフジテレビジョンやVICE Japanなど。主にスポーツ番組(英日)や海外出品用の映画(日英)を担当。手がけた英語字幕は長編映画『フラッシュバックメモリーズ 3D』など。