News
NEWS
schoolinTYO

書籍『字幕翻訳とは何か 1枚の字幕に込められた技能と理論』発売!

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

電子書籍メルマガ

本当のプロだけが知っている“最良の字幕を導き出す方法論”を解説した書籍『字幕翻訳とは何か 1枚の字幕に込められた技能と理論』(日本映像翻訳アカデミー著、Kindle版)が発売になりました。

 
これまで、英語から日本語への字幕翻訳について、実務を手がける映像翻訳者の視点から分析した資料は存在しませんでした。そこでJVTAでは、プロの映像翻訳者が駆使する高度な技術を広く社会に発信するべく、2年の歳月をかけて字幕翻訳のメカニズムを1冊の書籍にまとめました。執筆にはJVTA代表の新楽直樹、翻訳ディレクター・講師の藤田奈緒、桜井徹二らが携わっています。

 
この本で語られるのは、いわゆる「1秒4文字」「ハコ切りやスポッティング」「記号の使い方」といった基本的なルールだけではありません。短い言葉でいかに必要な情報を簡潔で分かりやすく、魅力的に伝えるかを常に追求する「映像翻訳者の思考順路」を具体的にひも解いています。

 
例えば、海外と日本では言葉だけではなく、文化も違います。有名人の名前や商品名など、日本人には馴染みのない固有名詞が出てきた場合、そのまま正しく訳してもそのセリフの裏にあるニュアンスが伝わりません。では、どうすべきか? 「日本の有名人や商品に置き換える」「名前はそのまま出して補足する」「あえて出さない」など状況に応じた対応が求められます。こうした場合、映像翻訳者はどんな基準でどんな工程を経て言葉を選んでいるのでしょうか? 本書では、理論的な解説に加え、字幕の実例も挙げて、その言葉にたどり着いた根拠や理由を解説します。直訳や要約だけではなく、言い換えや補足、時には創造なども交えながら言葉を紡ぎだす職能の奥深さに触れられる内容となっています。

 
映像翻訳を学習中の方や、すでにプロとして活躍している方、映画・英語が好きな方も、この1冊から新たな発見が得られるはずです。お読みいただいた方からの感想もお待ちしています!

 
※Kindleをお持ちでない方も、スマートフォンやタブレットにKindleのアプリをダウンロードすることで読んでいただくことができます。
※海外からのご購入をご希望の方は、英語タイトル「What is Subtitle Translation – Looking at the Skills and Theory Behind Subtitling」で検索をしてください。

 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page