News
NEWS
russia

日本のアニメでロシア語字幕を学ぶ日露アニメ映像翻訳コース(全4回)6/19(土)開講

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

net_top_RU20210521
※受付は終了しました。
 
JVTAとしては初となる日露アニメ映像翻訳コースを6月に開講いたします。日本のアニメを講義の課題に使用し、ロシア語の字幕作成を学ぶためのコースです。今回の募集はロシア国内で先行して行い、すでに数人のロシア人の方たちにお申込みいただいています。
 
96年の開校以来、日本語の字幕・吹き替え、英語の字幕・吹き替えを作成するプロフェッショナルの映像翻訳者を多数育成し、社会に送り出してきたJVTAならではのメソッドを用いて楽しく、実践的なロシア語字幕の作り方を学んでください。
 

※カリキュラムは▶こちら
 
※講義言語:日本語(ロシア語のサポートあり)
日本語レベルは、日本語 N3~2以上の方が望ましい、
(日本語能力認定書がなくても自分判断で参加)
あるいは日本語学科の3年生以上の方にお勧めします。
 

●コース名 
日露アニメ映像翻訳コース
 
●曜日・時間 
6/19(土)、6/26(土)、7/3(土)、7/10(土)毎週16:00~18:00(日本時間)
 

●こんな方におすすめ
●ロシア語が堪能な方
●日露の翻訳経験がある方
●日露の字幕・翻訳にご興味がある方
●得意な言語を活かしてキャリアアップを図りたい方
 

●講義回数
全4回(第1週、第2週のみの受講も可能。追加で第3週、第4週の受講も可能ですが、第3週、第4週のみの受講はできません)
 

●受講料 
全4回 19,360円(税込) 
第1週・第2週のみ 9,680円(税込) 
※第2週までの講義終了後、第3週・第4週の講義を追加される場合は9,680円(税込)の追加料金がかかります。
 

●受講方法
講義にはZoomを使用しています。ご自宅と教室をリモートで繋ぎ、いつもの時間にリアルタイムで講義を受けていただくことができます。録画したものを見ていただく形式とは異なり、音声機能を使い、その場での質問や、クラスメイトとのコミュニケーションが可能です。
【ご用意いただくもの】
・PCまたはタブレット
・カメラ(PC内蔵のものでもOK)
・マイク(PC内蔵のものでもOK)※質問をしていただく際に必要です。また、よりクリアにお聴きいただくために、ヘッドホンかイヤホンのご使用をおすすめしています。
・安定したネット接続の環境
 
※リモート受講に関する詳細はこちら
 

※2020年10月、受講生の方々にリモートでの授業をより快適に学んでいただくためのラーニング・マネージメント・システム「JVTA Online」を導入しました。そして、受講生だけではなく映像翻訳にご興味をお持ちの方もご登録いただけるシステムへと進化しました。ご登録いただくと過去のセミナー映像や映像翻訳を深く知ることができる動画をご覧いただけます。
詳細はこちら
 

■受講を検討している皆様へ
日本映像翻訳アカデミー(東京・モスクワ・ロサンゼルス)代表/新楽直樹

NIIRA_0303_198S
1996年、東京で設立された日本映像翻訳アカデミー(JVTA)は、日本で最も多くの映像翻訳者を育成している職業訓練スクールです。そして同時に、多数の映画会社やテレビ局、動画配信プラットフォームをクライアントとする映像翻訳事業を展開しています。2018年にはモスクワにJVTA,LLCを設立してロシアと日本を映像翻訳でつなぐ活動を開始。2020年11月にはロシアと日本の大学、在ロシア大使館などの協力を得て、オンラインイベント『J-Anime meeting in Russia 2020』を開催しました。そしてこのイベントは2021年11月にも開催する予定です。ロシアにはアニメーションを中心に日本の動画コンテンツを愛する人たちがたくさんいます。そして、これからは日本の多くの人たちがロシアで生まれた映画やドラマ、アニメ―ションを楽しむようになるでしょう。私たちJVTAは、字幕・吹き替え翻訳を通してそうした市場の発展に貢献したいと考えています。この講座を通して、映像翻訳の楽しさや奥深さを知ってもらえたらうれしいです。そして、この講座をきっかけに、将来映像翻訳のプロフェッショナルを目指そうとする人がいれば、さらにうれしいです。
 

【講師】
浅川 奈美
日本映像翻訳アカデミー株式会社 企画開発・プロデューサー・講師

浅川さん本人チェック済A
JVTAの企画開発の担当者として、地方自治体、企業のグローバルパブリシティ(海外広報)にかかわるコンサルティング、ならびにPRコンテンツの企画開発、国内外の大学でのグローバル人材教育カリキュラム開発など、多数のプロジェクトを手がける。日本映画・言語・文化におけるアカデミアと海外映画祭との連携による日本コンテンツの海外展開を推進する業務も担当。日露産官学協働プロジェクト「J-Anime Meeting in Russia」のエグゼクティブ・プロデューサー、書籍『はじめての映像翻訳』(日本映像翻訳アカデミー著 アルク刊)の共著者。日本映像翻訳アカデミーの映像翻訳本科講師。明星大学非常勤講師。
 

プリマック アレクサンドラ
日本映像翻訳アカデミー株式会社 アシスタントディレクター

alex1
上智大学大学院卒。2020年の日露産官学協働プロジェクト「J-Anime Meeting in Russia」ではボードメンバーとしてPRチームの取りまとめと、翻訳チームのリーダーとして活躍。2021年11 月実施予定の同プロジェクトでもリーダーを担当する。また、海外の学生たちが日本の短編映画に字幕をつける「GUSP」(海外大学字幕プロジェクト)ではベルギーのゲント大学で講師を担当。
 

※受付は終了しました。
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page