News
NEWS
eventinTYO

<イベントレポート>アニメツーリズムのパネルディスカッショから日露声優の対談まで!日露学生インターンたちが身につけたスキルと底力を発揮

<イベントレポート>アニメツーリズムのパネルディスカッショから日露声優の対談まで!日露学生インターンたちが身につけたスキルと底力を発揮
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

【日露産官学協同プロジェクト】
11月27日(土)、28日(日)に「J-Anime Meeting in Russia 2021」が行われた。このイベントの最大の特徴は企画運営、字幕・吹き替え翻訳、PRなどすべての行程を学生インターンが担うこと。「ロシアの人たちに日本のアニメや文化を伝えたい」という想いを抱いた学生たちが日露15の大学から63名集まり、約半年の間準備をしてきた。会期中、ロシアに向けて『AKIRA』がロシア語吹き替え付きで、『君の膵臓をたべたい』がロシア語字幕付きでオンライン上映され、現地では多くの方が日本の大人気アニメを楽しんだ。
 

 
また、日本からも視聴できる5つのトークイベントも開催。学生たちが進行を務めて、ゲストや学生パネリストに質問を投げかけていく。

最初に行われたパネルディスカッション『アフターコロナの日本と世界を救う!? アニメツーリズム』には、アニメツーリズム協会理事兼事務局の寺谷圭生さんが登壇。そして『天気の子』や『ラブライブ! スーパースター!!』に登場する神津島で宿泊施設を営む田中健太郎さん、田中あやのさんもゲストとして参加した。寺谷氏によれば「アニメツーリズム」は、アニメの舞台を訪れるだけではなく、その地域の文化や歴史、食や人々に触れる体験を表している。神津島も「聖地巡礼」で訪れる人が増えているが、アニメの舞台を巡るだけではなく、自然や観光地を好きになってくれるのが一番嬉しいと語る。一方で、あまりにも来訪者が殺到することで、地元の方々の対応が追い付かなかったり、その土地の良さが壊されたりしてしまう恐れもある。訪問者はマナーを守り、受け入れる側は歓迎しながらも地域の環境をどう維持するのかがアニメツーリズムを継続していく鍵となる。
 
animetourism
※アニメツーリズムについてのパネルディスカッション。それぞれの熱い思いで話が盛り上がりました。
 
特別レクチャー「アニメと東京」では、パリで行われたアニメ展示イベントの主旨や会場設営の意図や行程を明治大学国際日本学部准教授、森川嘉一郎氏が解説した。東京のジオラマを設置し、東京を舞台としたアニメ作品とリンクさせた展示を紹介。そして、東京という都市が築かれた歴史との関連性やそこに込められた想いを語った。
 

最も人気だったイベントは最終日に行われた『日本&ロシアの声優、奇跡の対談~『AKIRA』の金田に命を吹き込んだ男たち~』だ。ゲストとして招いたのは主人公・金田役を演じた声優の岩田光央さん。そして、本イベントで初めて制作されたロシア語吹き替え版で同じく金田役を演じたVlad Durovさんだ。日露で同じ役を演じた声優が初めて顔を合わせるという貴重な機会となった。日本で上映されたのは、20年近く前だったが、岩田さんは当時を思い出しながら、ある特別な形式でアフレコが行われたことを語ってくれた。また、日本ではアフレコは1つのスタジオで声優が集まり行うのが一般的だが、海外では個別に収録するのが主流。Vladさんもいつか日本の収録を実際の目で見てみたいそうだ。
 
intern
※インターンシップのあるべき姿とは何か?東京外国語大学の新井滋教授をゲストに迎え、学生たちの声を聞きながら掘り下げました。
 
準備から開催までの約半年間で、学生たちは実務を通して多くのことを学んだ。作品の権利元への上映交渉、企業への協賛セールス、PRの立案と実行、イベントの企画運営など、通常のインターンシップでは経験できないことばかりで、失敗や苦労も多かっただろう。しかし、その経験から生まれた自信が当日進行する学生たちの顔に表れていたように感じる。会期中、『変わるインターン戦線~これからのビジネス人材について~』と題したトークイベントを開催。JVTA代表の新楽直樹と共催の東京外国語大学の新井滋特任教授が今求められるインターンシップの在り方や今後の可能性を語った。また、「プロが指導。アニメ翻訳にチャレンジ!」という体験型の企画もJVTAならではといえるだろう。日露両国から参加者が集まり、日本の映画にロシア語字幕をつけるという行程を楽しんだ。
 
iOS の画像 (9) iOS の画像 (11)
 
今年で2回目となった「J-Anime Meeting in Russia」は、学生インターンと多くの企業や団体の皆さまのご協力のもと幕を閉じた。これからもJVTAは、「映像翻訳」を通して、国と国との懸け橋になるグローバル人材を育成していく。
 
◆公式サイト ▶こちら
◆メディア向けプレスリリース ▶こちら
◆【超・実践型 国際インターンシップ】ロシアに向けたオンライン・アニメフェスティバルが今年も開催! ▶こちら
◆JVTAがプロデュースした神津島の英語ウェブサイト ▶こちら
 
【関連記事】
◆JVTAが東京外国語大学と共催で、モスクワ最大級のアニメイベントをオンラインで開催! ▶こちら
◆【開催レポート】J-Anime Meeting in Russia 2020閉幕 日露学生インターン80名が創ったもの ▶こちら
==============
「世界を市場にするための知財(IP)戦略セミナー 最低限知っておくべき4つのファクター」 2022年1月15日(土)、1月22日(土)、1月29日(土)、2月5日(土)
日本のコンテンツを海外へ展開するビジネスにおいて知っておくべき4つのポイントを学びます。

全4講座の詳細・お申し込みは▶こちら
仮net_top_IP-semi202201
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page