News
NEWS
“Viewer Discretion Advised!”inBLG

これがイチ押し、アメリカン・ドラマ 第58回 “The Good Doctor” vs. “THE RESIDENT”

これがイチ押し、アメリカン・ドラマ 第58回 “The Good Doctor” vs. “THE RESIDENT”
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page
    今、アメリカ発のテレビドラマが最高に熱い。民放系、ケーブル系各社に[…]

    “Viewer Discretion Advised!”
    これがイチ押し、アメリカン・ドラマ
    Written by Shuichiro Dobashi 

    第58回“The Good Doctor” vs. “THE RESIDENT”
    “Viewer Discretion Advised”は海外の映画・テレビ番組等の冒頭で見かける注意書き。「バイオレンスやセックス等のコンテンツが含まれているため、視聴の可否はご自身で判断して下さい」という意味。

    今、アメリカ発のテレビドラマが最高に熱い。民放系・ケーブル系に加えてストリーミング系が参戦、生き馬の目を抜く視聴率レースを日々繰り広げている。その結果、ジャンルが多岐に渡り、キャラクターが深く掘り下げられ、ストーリーが縦横無尽に展開する、とてつもなく面白いドラマが次々と誕生しているのだ。このコラムでは、そんな「勝ち組ドラマ」から厳選した、止められない作品群を紹介する。

     

    「医療ドラマ」の頂上対決!
    “Legal”(法廷)、“Medical”(医療)、“Detective”(刑事)は正統派アメリカン・ドラマの王道だ(何となく語呂もいいし)。いずれのカテゴリーにも過去の傑作ドラマが多数存在するので、新作のハードルは高い。

     
    今回は、最近の医療ドラマから群を抜いて面白い2作品を選んだ。自閉症の天才医師を描く”The Good Doctor”と、医療業界の闇と闘うタフな研修医を描いた”THE RESIDENT”だ。
    この頂上対決で、勝つのはどっちだ?

     
    “The Good Doctor”
    ―ワイオミング州キャスパー
    ショーン(フレディ・ハイモア)は希望とダッフルバッグを持って家を出た。最終目的地はカリフォルニア州サンノゼ。今、ショーンの新たな人生が始まろうとしていた。

     
    ―カリフォルニア州サンノゼ
    空港のターミナルで電光掲示板が落下し、ガラスで子供が重傷を負った。運よく居合わせた中年の医師が出血を止めようとしている。

     
    「あなたはその子を殺そうとしている」
    突然野次馬の中から話しかけたのは、ティーンエイジャーに見える無表情の若者だった。

     
    「君はだれだ?」
    医師が尋ねる。

     
    「ショーン・マーフィー。聖ボナベントゥラ病院の外科レジデント(研修医)です」
    そう答えると、ショーンは処置の誤りを淡々と指摘した。そしてセキュリティ・ゲートにあったカッターナイフとウィスキーボトルで、死にかけている子供に独創的な応急処置を施した。

     
    その頃、聖ボナベントゥラ病院では役員会が開かれていた。院長のグラスマン(”The West Wing”のリチャード・シフ)が、ショーンを外科レジデントとして採用する提案をしたのだ。

     
    グラスマンはショーンが14歳の時にキャスパーで知り合った。ショーンは自閉症だが、サヴァン症候群という特異な病気により規格外の映像記憶力、空間認知能力を有する現代の“レインマン”だった。医学書に興味を示すショーンを見て、グラスマンは彼が文字どおりの天才外科医になると信じ、それに賭けてみようと思ったのだ。

     
    だが、グラスマンの提案は否決された。理由はショーンが自閉症だからだ。患者や仲間の医師・看護婦とコミュニケーションが取れずに、どうやって医者になるのだ?

     
    “THE RESIDENT”
    ―ジョージア州アトランタ
    チャスティン・パーク記念病院(以下チャスティン病院)は全米トップ50に入る名門だ。そこで今、外科部長のランドルフ・ベル(『13デイズ』のブルース・グリーンウッド)が医療ミスで患者を死なせたところだった。ベルは著名な外科医だが、左手が利かなくなっている。ベルは手術室の全員を恫喝して事故として処理させた。
    だれもこの病院の仕事を失いたくはない。

     
    デヴォン・ブラヴェシュ(マニシュ・ダヤル)はハーバード大を首席で卒業したチャスティン病院のインターン。今日が初勤務だが、きわめて不快な目に合っていた。デヴォンの指導係でシニアレジデントのコンラッド・ホーキンス(マット・ズークリー)は、左腕に派手なタトゥーがある傲慢な男で、デヴォンを徹底的に侮辱し、半端仕事を与え、軍事キャンプ並みの扱いをするのだ。

     
    周囲に不満をぶちまけるデヴォン。だが、コンラッドはなぜか病院内のスタッフからの信頼が厚い。アフガニスタンの従軍経験があり、冷静で正義感が強く、腕は超一流。常に患者の立場に立ち、必要ならルールも曲げる。
    コンラッドは、デヴォンに対して自分の知見を惜しみなく伝授し、現場のリアリティを叩き込もうとしていたのだ。

     
    それだけではない。コンラッドはチャスティン病院で唯一、ランドルフ・ベルに代表される院内政治、不正、理不尽に立ち向かう男だった。

     
    ベルはチャスティン病院の顔だ。目端が利いてメディア受けがよく、圧倒的な政治力を持ち、医療ミスは徹底的に隠蔽してきた。(医療ミスは米国でガン、心臓疾患につぐ死因の第3位だ。)

     
    ベルとコンラッドの対立、騙しあいは今日も続く。

     
    ヴィヴィッドでユニークな”The Good Doctor”、
     パワフルで骨太の”THE RESIDENT”

    “The Good Doctor”の原作は同名の韓流ドラマ。クリエーター/製作総指揮のディヴィッド・ショアは世界的大ヒットとなった”House M.D.”(『ドクター・ハウス』)を手掛けている。本作では、天才医師であるショーンのキャラと人体グラフィックを巧みに組み合わせて”House M.D.”のトーンを再現しつつ、ヴィヴィッドでユニークなドラマに仕上げた。

     
    ロンドン出身のフレディ・ハイモアは、“Bates Motel”(『サイコ』の前日譚ドラマ)で17歳のノーマン・ベイツを演じて絶賛された。本作では、少年時代のトラウマに悩まされる繊細なショーン、自閉症、偏見、孤独と闘いながら成長していく力強いショーン、そして神業の医療を披露する天才ショーンを演じ分け、ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。
    ショーンがアパートの隣人リア(ペイジ・スパラ)と初デートをするエピソードは、おかしくて切なくて忘れ難い。

     
    一方”THE RESIDENT”は、腐敗、官僚主義、私利私欲など米国医療の暗部を抉り出すガッツと社会性を兼ね備えたパワフルで骨太のドラマだ。現場では正義感と怒りだけでは問題解決にならない。コンラッドは悪につぶされないために、知略の限りを尽くして悪と共存する道を模索する。患者を守るために仲間と支え合い、ささやかな勝利と束の間の正義を積み重ねていくしかないのだ。

     
    マット・ズークリーは、“The Good Wife”のエリート弁護士ケイリー・アゴス役が印象的だった。ちょっと斜に構えた魅力がある才能豊かな中堅アクターだ。ズークリーは、鋭敏でしたたかでチャーミングなコンラッド役にピンポイントでハマった。

     
    “And the winner is…”
    ではこの頂上対決の判定は?
    ―主人公の魅力、わき役の描き分けとケミストリー、ストーリーテリングの妙、いずれも”THE RESIDENT”が僅差で”The Good Doctor”を凌ぐ。よって、厳しい現実に理想の医師像をドラマティックにぶつけて感動させる”THE RESIDENT”の勝ち!
    (単なる筆者の好みです。因みに全米視聴率は”The Good Doctor”の圧勝。)

     
    邦題は『グッド・ドクター 名医の条件』(WOWOW)、『レジデント 型破りの天才研修医』(FOX)で、両作品ともシーズン2を放映中。本国では前者がABCで、後者がFOXで9月からシーズン3を放映予定だ。

     
    頂上対決だよ、この際両方観ようよ!

     
    <今月のおまけ> 「My Favorite Movie Songs」㊲
    Title: “Rhythm Is Gonna Get You”
    Artist: Gloria Estefan & Miami Sound Machine
    Movie: “Stakeout” (1987)

    このグループも一世を風靡したね。
    映画の邦題は『張り込み』、80年代アクション・コメディの快作!

     
    写真Written by 土橋秀一郎(どばし・しゅういちろう)’58年東京生まれ。日本映像翻訳アカデミー第4期修了生。シナリオ・センター’87年卒業(新井一に学ぶ)。マルタの鷹協会会員。’99年から10年間米国に駐在、この間JVTAのウェブサイトに「テキサス映画通信:“Houston, we have a problem!”」のタイトルで、約800本の新作映画評を執筆した。映画・テレビドラマのDVD約1300本を所有。推理・ハードボイルド小説の蔵書8千冊。’14年7月には夫婦でメジャーリーグ全球場を制覇した。
     
     

     
    ◆バックナンバーはこちら
    https://www.jvta.net/blog/5724/

    Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page