News

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.64 チェンマイのパン屋さん

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。

パンはタイ語でカノムパン。カノムとはお菓子の意味ですから、タイ人にとってパンは、食事というよりおやつに食べる感覚のものでした。20年くらい前に大工さんに、「おはよう、朝食何食べたんだい?」と聞かれ、「パンとフルーツと…」と答えたら、「そんなんじゃ力が出ないだろう」と言われたことは、とても印象に残っています。確かにチェンマイでは朝からガッツリ餅米に鳥の唐揚げなんかも食べるんですから、「パンじゃあ腹持ちせんだろう」という気分でしょう。

20年前には、チェンマイではパン屋さんらしいパン屋さんは特になく、大型スーパーで買えるタイ人好みの甘くて柔らかいパンが主流で、パン好きの私はどうも物足りませんでした。ベトナムやラオスなどと違い、東南アジアで唯一植民地になっていないタイでは、まだタイ料理がしっかりと根付いていました。


しかし、特にここ10年でタイにも食のバリエーションが増えてきました。タイ人がピザやステーキ、日本食など外国料理を食するようになり、西洋人の作るおいしいハード系のパン屋さんも続々と増え、レベルがどんどんアップしています。また、日系パン屋さんは、タイ人やアジア人、西洋人にも人気で、タイ人が経営する日本風パン屋さんもできています。おいしいカレーパンやあんパンがチェンマイで食べられるようになるなんて…嬉しい反面、おいしいチェンマイのソウルフードが廃れないよう、もち米朝食をたまに食べようと思うのでした。

—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–

花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美

バックナンバーはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!

※英語力不問


※詳細・お申し込みはこちら

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」


※詳細・お申し込みはこちら

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.63 チェンマイでの老後問題

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

ご近所さんのアメリカ人と立ち話をしていたら、実は彼のお父様もチェンマイにいらっしゃって、郊外の老人ホームで暮らしていると聞いておどろきました。外国人が暖かいタイで自国より安くリタイヤ生活をするのも一つの選択肢ですし、彼の場合、家族が一緒に移住しているのは恵まれたケースだと思います。そしてつい先日も、チェンマイ在住の70代カップルからチェンマイの老人ホームを探して欲しいと相談を受けました。タイでは家族介護が基本ですが、最近では介護施設も続々と増えてきています。外国人経営の介護リゾートホームなどもあり、老後の選択肢が増えていることは、外国人移住者にとってはありがたいことなのかもしれません。チェンマイでリタイヤメント移住者は多いのですが、75〜80歳になると一つの区切りとして、母国に帰国する組と居残り組に分かれます。その大きな壁は、病院や介護、そして言葉の問題だと言われています。お子さんのいらっしゃらないそのカップルも、完備のいい施設かもしれないが本当に適切な対応を受けられるのか、それとも借家でいい介護士を探せるのか、日本に帰国した方がいいのか…。今悩みどころ満載でしょう。私も他人事としてではなく、一緒に考えさせられます。あまり先のことを心配するのも良くないのですが、地球上どこにいても一人一人が最後まで尊厳を守って穏やかに暮らせる世の中であったらいいなあと年の瀬に思いを馳せるのでした。
 
image1

image0
 
—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.62 ウィットに富んだカフェ Part 2

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

タイのカフェ文化はますます進化を遂げています。山岳民族が育てているコーヒー豆も、2004年に品質認証を定める制度ができ質も安定し、さらに焙煎技術も向上してきたので、以前のただただ苦いだけのコーヒーに出会う機会もだいぶ減りました。さらに、チェンマイ発のコーヒー店が、日本に出店するほど、その位置が不動のものになりつつあります。(2020年チェンマイにあるAKHA AMA COFFEEの日本一号店が、東京の神楽坂にできました。https://www.jvta.net/co/hanatokajitsu-petit39/)そんなカフェ文化の中でカフェサーフィン?している私ですが、先日久しぶりに市内にある自家製焙煎をしているカフェに入ったところ、テーブルの上に置かれた消毒スプレーボトルにこんな一言が…。
 
image0

“Spread love
Not germ”

 
愛を振りまこう
 菌じゃなくてね。

 

観光業に舵を切り、世界中の観光客で賑わっているタイですが、忘れられそうなコロナにも注意はしながらねという、このウィットに富んだメッセージに出会い、ちょっと気分がアップしたカフェタイムになりました。
(パート1は、vol.27 https://www.jvta.net/co/hanatokajitsu-petit27/を是非!)
 
image1

—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.61 コブミカン風味ビーフジャーキー

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

タイといえばビール。以前はシンハー、チャーン、リオなどが3大メジャービールでしたが、最近はクラフトビールも加わり種類がどんどん増えています。そんなビールのお供になるのがおつまみ。日本で定番の枝豆のように、タイではピーナッツやカシューナッツが一般的です。他にも焼き物系やルークチン(練り物)など色々ありますが、今回ご紹介したいタイおつまみの一品は、「ヌアデッディアオ」、ビーフジャーキーのコブミカン風味です。コブミカンといえば、タイの代表的なハーブで、トムヤムクンスープ、トムカーガイの材料としても使われています。また、コブミカンはヘアケアにいいとされ、コブミカンシャンプーなどは、タイのおみやげにピッタリです。「ヌアデッディアオ」は、牛肉をタイの降り注ぐ太陽の元で干してからコブミカンの葉と一緒に揚げた一品。カラッと揚がったコブミカンの葉の爽やかな香りでお肉の油っぽさが中和され、揚げたてはビールのおつまみとして最高です。もちろん、コブミカンの香りが苦手な方もいますので、その辺はお気をつけて。
 
ヌアデッディアオ ビールあり(どちらかで)) - コピー

タイは10月1日からもう自由に行き来ができるようになり、観光客も続々と来ています。タイに訪れた際は是非お試しを!
 
コブミカンの葉

—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.60 タイの箒文化

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

image2 image0

我が家では、タイ人のパートナーと住み始めた当初、掃除談義がおこなわれました。私は東京から来たバリバリ都会っ子で、掃除の仕方は掃除機が当たり前。はたきをしてから掃除機で吸い取るという方法です。一方で、パートナーは箒で掃いて、その後水拭きをするという方法。正直、箒の穂先部分がポロポロとすぐ抜けるし、箒の幅が広くて、慣れていない私が掃くと、かえって埃が散って掃除になっていないと思っていました。
 
タイの箒には何種類かあり、最も一般的に使うのは、柔らかい穂先(ほほき草)の箒。庭用の箒はココナッツの葉の一部からできています。この庭用の箒は、持ち手の竹部分が重いものがあり、履いているとかなり腕の筋トレになりますが、沢山の落ち葉を掃くには最適です。高い天井用の長い箒は、高床式の家の天井お掃除用で、信号待ちの道路で売り子さんがたまに売っています。
 
image3 image4
 
あれから約15年が過ぎ、今私は箒を良く使っています。初めは柔らかすぎると思っていたものの、細かい埃を優しく広範囲に掃ける箒にも慣れてきました。絨毯の家とは違い、タイの床は木製かタイルが多く、窓全開で埃が飛んでくるし、虫の死骸は落ちているし、ヤモリの落とし物もあるので、毎朝寝起きに箒で掃くのが習慣となりました。そして1週間に2回の水拭きや、たまにグイーンと掃除機をかけると更にスッキリ。我が家では掃除道具も多様性の時代です。そして箒掃除は、素材も然りエコロジーで、またマインドフルネスだなあと思います。確かにお坊さんも毎朝掃いているものなあ…。
 

P.S. こんな和箒が、日本に逆輸入!(日本を含む12 か国以上にタイから輸出しているそう)
日本の手作り箒もがんばれ!
https://www.baanboonbrooms.com/

—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.59 花も緑も全員集合!〜チェンマイの植物市場〜

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

image1 image0
 
久しぶりに、チェンマイでお気に入りの場所の一つ、カムティアン市場と呼ばれる植物市場を訪れました。一般の植物に加えて、ナーセリー(苗屋さん)、芝生屋さん、植木鉢屋さんなどもあり、ガーデニング用品や噴水、エクステリアと本当に何でも揃います。コロナの時期、街が静まり返っていたのに対し、このカムティアンには、多くの人が植木や苗木を買いに訪れ、逆に人が多くて心配したほどです。いくつかのお店は専門分野があり、日陰が好きな植物ばかり置いてあるお店や、サボテンだらけのお店、ラン専門店、ブーゲンビリア専門店など、ゆっくり周っているとそれぞれの特徴がわかります。そしてそのお店の人は、育て方の質問に的確に答えてくれる頼もしい存在です。お気に入りのお店ができると植木の話で盛り上がります。さすが、東南アジアの国タイは蘭の種類もたくさんあって、おまけにお安い! 初めてきた時は、無造作に置かれた胡蝶蘭を見て大丈夫!?と思ったほど。ここは、植物がぐんぐん伸びる気候ですから、ガーデニングや家庭菜園を楽しむ人も多く、散歩の途中にきれいなガーデンを見ると真似したくなります。先日友人からアボカドやレモンをいただき、今日は近所の人が「お宅のタマリンドの実をもらっていいか」とやって来ました。こういう時、実がなることがどんなに楽しいものかと実感します。この市場に来る度に、いつも家庭菜園をはじめようと思い、何度も失敗している私。さあ、今回3度目の正直。ローズマリーの植木をまた買うぞ!いつか、マイ・ガーデン発のローズマリーポテトを作れるかな?!
—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.58 ジャックフルーツがくれた教訓!?

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

近所のおばさんから、自宅で採れたジャックフルーツ(カヌン)をお裾分けでいただきました。以前コラムでもご紹介した(Vol.41 縁起のいいカヌン)この果物。マンゴーやパパイヤと同じように、熟す前は料理の材料として使われて、熟したものはフルーツとしていただきます。今回いただいたのは黄色く良く熟したもの。同じ果実でも私が好きなジャックフルーツは、熟す前のカレーに入れたりするもので、ホクホクした食感が気に入っています。正直フルーツとしてのカヌンは、水々しさもなく、食感がキュッキュとした感じで、匂いも少々あり、自分では特に買わないほどの存在。しかし、せっかくいただいたし、とりあえず冷蔵庫に冷やして食べてみたら…、あらまあ、今まで食べた先入観たっぷりのジャックフルーツとは大違い!もちろん自分で購入するほどではないけれど、やっぱり数回食べてみないとわからないものだなあと自分のジャックフルーツに対する偏見を実感しました。そういえば、果物の王様ドリアンや独特のハーブ、パクチー、匂いのあるチェンマイ料理などもそうでした。1〜2回食べた時は、さほどでも…と思ったものも、食べる回数が増すたびに、だんだん舌が慣れてきて、おいしい一皿に出会ってからは偏見もなくなり、時にはその食べ物にハマってしまうのです。物事一回で決めてしまうにはもったいない。現代社会では、とかく速さや結果をすぐ求められますが、「もっと長い目で、心をオープンにそして柔軟にチャレンジしたら世界が広がるんだ!」とジャックフルーツがくれた小さな実のある教訓でした。
 
image0
—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.57 カンナビスフードから医療まで

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 
今、ちまたで最もホットな話題は、今月6月9日から家庭でカンナビス(マリファナ、大麻とも呼ぶ)を栽培できるようになったことでしょう。カンナビスという植物は、中央アジア発祥とも言われ、薬や嗜好品としての歴史は長いと言われています。現在タイでも、もちろん娯楽目的は禁止ですが、政府がまず100万株を国民に無料配布をして、自宅栽培を推進したのです。その無料配布をネットで受付したそうなのですが、あまりに殺到しすぎて、ネットがパンクしたとの噂もありました。こちらでは昨年頃から、カンナビス植物の一部(ハイになる物質を含む部分)を除いて、調理や商品にすることができるようになり、カンナビスフードのメニューが続々と出てきました。食堂ではカンナビス入りのガパオライス、デパートではカンナビスジュースを販売、友人のカフェではカンナビスコーヒーを出すなどしていて、正直驚いたものです。また、数年前友人が癌になった時は、治療にもカンナビスを使用していたと聞いていたので、タイでは身近な治療薬でもあります。もちろん世界でもこの話題は議論されている最中ですので賛否両論ありますし、今後ももっと議論が重ねられるでしょう。ただタイが大きく舵を切ったのには、コロナで経済打撃を受けた今、カンナビスビジネス拡大に必死なのかもしれません。ということで、これぞタイランドという最近のニュースでした。
 
P.S. くれぐれも、娯楽での目的は禁止なので誤解をしないようにお気をつけくださいませ!!
 
image2
 
—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.56 お煎餅が運んでくれた小さな幸せ

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 

ある日、チェンマイから約2時間の所にあるランパーン県の友人が我が家を訪ねてきました。ちょうど日本の“歌舞伎揚”というお煎餅があったので、それをお茶菓子に出しました。彼女は、それを味わって、「アロイ(美味しい)」とひとこと言いました。数日後、彼女からサプライズの小包が…。中にはタイのカオテーンというお菓子が入っていました。カオテーンとは、餅米を天日干ししてから揚げたお煎餅の上に、ココナッツシュガーとスイカのジュースをミックスしたカラメルソースがかかっているもの。昭和的な素朴なお菓子で、見た目は地味なのですが、そのサクっとした軽い食感とシュガーのほんのりした優しい甘さが、病みつきになってしまうのです。さらに彼女が送ってくれたのは、彼女の地元の人たちが作っているもので、出来立てホヤホヤを送ってくれたのです。出来立てだけあって、サクサク度は最高! 今まで食べた既製品のカオテーンとの違いがわかりました。「美味しい」とひとこと言った日本のお煎餅からタイのお煎餅へと繋がった。彼女のその粋な計らいがとても嬉しく、世界が不安定になっている今、こういう小さな喜びに改めて感謝するのでした。
 
image1
—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

花と果実のある暮らし in Chiang Mai プチ・カルチャー集 Vol.55 お正月のカラフルな旗

★「花と果実のある暮らし in Chiang Mai」
インパクト大の写真をメインにタイのリアルなプチ・カルチャーをご紹介しています。
 
今年もタイのお正月がやってきました。コロナの影響で今年も水掛け祭りは行わないという方針で、やはり街は静かでした。でも市場では、お正月のお飾りなどが販売されていて、見ているとやはりワクワクします。和紙でできたこの旗のようなお飾りは、手作り感に溢れていて、いつも気になっていました。タイ語でトゥンサイムーといい、様々なお祭りやイベントにも使われますが、古くはランナー(タイ北部の昔の王朝)の人々が宗教儀式に使っていた、新年の伝統的なものです。お正月にこれをお寺に捧げることで、徳を積み、幸運をもたらし、また亡くなった方への奉納の意味があるそうです。購入したものは、和紙でできた七夕祭りのお飾りの投網のようなものと、手で押された十二支のスタンプ模様の一枚がセットになっていました。タイの十二支の最後は亥(猪)の代わりに豚なのですが、その十二支のスタンプをよく見ると、最後はなぜか象! タイ北部らしい動物が象徴されていて、なんだかいいなあと思いました。
そしてお正月3日目、私たちはお寺に行き、このトゥンサイムーをお寺の真ん中に盛られた砂塔に刺しました。砂塔が盛られているのは、この一年お寺を訪れた際に靴に付いた砂をお寺に戻すという意味があるそうで、お寺の前でバケツ一杯の砂が販売されていました。お正月という節目に、お寺で風に靡く美しい旗を見ながら、いつもなら自己中心の祈りをする自分が、今年は世界の平和を祈っていることになんだか複雑な心境でした。
 

—————————————————————————————–
Written by 馬場容子(ばば・ようこ)
東京生まれ。米国大学でコミュニケーション学専攻。タイ、チェンマイに移住し、現在は郊外にある鉄工房でものづくりをするタイ人パートナーと犬と暮らす。日本映像翻訳アカデミー代々木八幡・渋谷校時代の修了生。
—————————————————————————————–
 
花と果実のある暮らし in Chiang Mai
チェンマイ・スローライフで見つけた小さな日常美
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら