News
APPLY
どなたでも参加可能



英文法の「分かったつもり」を「分かった!」にする Part2【時制編】

講座内容


 
  シリーズでは、意外とミスしやすい英文法をお教えします。当校English Clock主任講師の山根克之先生が、英語字幕を生き生きさせるうえで大切な英文法をテーマ別に分かりやすく解説。より“伝わる”字幕を作るスキルを習得できます。 作品解釈はできていて、高い英語力もあるはずなのに、中々トライアルに受からない。致命的なミスではない細かな英文法のミスがあって、原音のニュアンスを伝えきれない。原稿について「ネイティブはこういう言い方はしない」と指摘されたものの、どこがどう違うのか明確に分からない…。そんな壁を乗り越えるのに必ず役立つ講座です!
 
  ※全3回のシリーズ講座。1回のみの受講でもOKです。
 
  ★Part2のテーマは時制+能動態受動態。日本語と異なる時制の表現の細かな使い分け。「~(さ)れる」という受け身の表現が英語に比べて多い日本語を、自然な英訳をするために必要な能動態と受動態の状況に応じた使い分け。英語字幕をすんなり視聴者に理解してもらうために大切な文法をお教えします。
 
  例えばこんな問題は解けますか?
 
 
●以下の英訳の間違いを見つけなさい。
  1. 原文)お力になれるように頑張りたいと思います。
    訳)I'll do whatever I could to be of help.
 
  2. 原文)紺地に白く十字の浮かび上がったギリシャ国旗が今、東京のメインス
  タジアムのトラックのレンガ色に、鮮やかなコントラストを見せております。
    訳)The blue flag with a white cross is now creating a vibrant
  contrast with the brick-red racetrack of Tokyo's main stadium.
 
  ■定員
  なし
  ※オンライン受講は先着5名まで
 
  ■受講対象
  どなたでも受講可
  日英映像翻訳に興味のある方
 
  ■前課題
  なし
 
  ■申し込みの流れ
  通学でご参加の方は下記のお申し込みフォームからお申し込みください。
  ※同講座を過去に受講された方は事前にkouza@jvtacademy.comにお問い合わせください。
 
  遠方にお住まいでオンラインでの受講をご希望の方は、オンライン受講希望の旨を記載の上、kouza@jvtacademy.com宛てにまず仮申し込みをお願いします。
 
  メール件名:【仮申し込み】英文法の「分かったつもり」を「分かった!」にする Part2 時制編
 
  メール本文:下記を明記してください。
  ・お名前
  ・電話番号
  ・メールアドレス
   ・本文にオンラインで受講希望の旨を明記
  ※5名の定員に達し次第締め切りとなります。
 
     ※また、事前にWEB会議システムの利用が可能かどうかテストを行い、問題ないと確認できた上で本申し込みに進んでいただきます。
  ⇒当校からの返信を受信後、以下申し込みフォームより本申し込みへお進みください。
  ※オンライン受講に関しての注意点:通信環境によっては音声が聞こえづらいという事が起こりうる旨をご納得いただいた上でご受講下さい。
 
 
  ■申し込み締め切り
  原則、お申し込みとお支払いは、講座開催日の前日15時までとなります。それ以降のお申込みにつきましては、別途対応となりますので、お電話にてお問い合わせください。いずれの場合もご返金は行っておりませんので、あらかじめご確認の上、お申し込みください。


日程

2018年5月23日(水)

時間

19:00-21:00

場所

東京校

講師

山根克之(English Clock主任講師、英日映像翻訳者)

金額

3,240円(税込)

お申込み

お名前(全角、スペース抜き、30字以内)例 翻訳太郎
カナ(全角、スペース抜き、60字以内)例 ホンヤクタロウ
電話番号(半角、ハイフン抜き、11桁以内) 例 0335175002
メールアドレス(半角)

hotmail、gmail、live.jp、outlook.comなどのフリーアドレスをご入力の場合、お申し込み確認メールが届かない場合があります。別のアドレスをご入力いただくか、03-3517-5002までお電話にてお問い合わせください。
※スマートフォン・携帯のメールアドレスをご使用の場合、jvta.netドメインからのメールを受信できるように設定してから、お申込みください。

お支払い方法*

「クレジットカード」を選択された方は、送信ボタンを押すと、カード情報入力画面に移行します。