News
NEWS
voiceinTYO

【修了生の原田りえさんが字幕】『ミツバチのささやき』の巨匠ビクトル・エリセ監督の31 年ぶりの長編『瞳をとじて』が劇場公開

【修了生の原田りえさんが字幕】『ミツバチのささやき』の巨匠ビクトル・エリセ監督の31 年ぶりの長編『瞳をとじて』が劇場公開
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

スペインの巨匠ビクトル・エリセ監督の31 年ぶりの長編『瞳をとじて』が2024年2月9日から劇場公開される。本編の字幕を手がけたのはJVTAの修了生、原田りえさんだ。

@ManoloPavon

ビクトル・エリセ監督は、これまで発表した長編映画が3本にも関わらず、いずれも世界で高い評価を得ている伝説的な存在。なかでも1973年の長編第1作『ミツバチのささやき』は、サン・セバスチャン国際映画祭の金の貝殻賞(最優秀作品賞)を受賞のほか、世界の映画祭で賞賛された名作だ。1940年の内戦終結後のスペインを舞台に、映画『フランケンシュタイン』に魅せられた少女アナ(アナ・トレント)と脱走兵らしき男性との交流が幻想的に描かれている。日本では1985年に日本のミニシアターの草分け的な存在だったシネ・ヴィヴァン六本木で公開され、記録的な動員数が大きな話題となった。現在も多くの映画ファンの「人生ベスト」として選ばれる名作のひとつとして根強く支持されている。

ビクトル・エリセ監督 @Sefa Sungu

最新作『瞳をとじて』は、元映画監督のミゲルが、かつて彼の作品『別れのまなざし』の主役を演じ、撮影中に失踪した俳優フリオを捜す物語。親友でもあったフリオが22年の時を経て辿り着いた場所とは…。特筆すべきは、『ミツバチのささやき』で当時5歳の可憐な少女だったアナ・トレントが 50 年ぶりに映画出演すること。同じ“アナ”という名前の女性として登場する。

@ManoloPavon

原田さんは今作で本編の字幕に加え、プレス資料に掲載されたビクトル・エリセ監督のディレクターズ・ノートの翻訳も手がけている。原田さんは、ヨーロッパ留学(イギリス・フランス・スペイン)と南米での滞在経験から、英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語を生かしてこれまでも多くの劇場公開作品やドラマの字幕を担当してきた。今回は脚本もエリセ監督自ら手掛けており、オリジナルのスペイン語から翻訳したという。

@ManoloPavon

「多くの映画監督に愛され影響を与えてきた、巨匠ビクトル・エリセ監督。その最新作を翻訳させていただくことになり、大きな責任を感じると共に、ひとつひとつのセリフに込められた想いをしっかりと伝えなくてはと思いました。言語としての意味を正確にとらえるだけでなく、ストーリーの時代背景や歴史を理解することで、感情をより深く伝えられる字幕になります。今作を翻訳する時も、スペインの歴史とそれによる映画産業への影響などについて、詳しく調べることを心がけました。ディレクターズ・ノートには、エリセ監督の映画と作品への大きな愛があふれています。一部の劇場では館内に掲出されているそうなので、読んでいただけると作品をより深く味わえて感慨深いと思います。」(原田りえさん)

※ディレクターズ・ノートは公式サイト(https://gaga.ne.jp/close-your-eyes/)でも紹介されている。

『瞳をとじて』は、2023年の第76回 カンヌ国際映画祭のカンヌプレミア部門、第48 回 トロント国際映画祭で上映されたほか、本国スペインのサン・セバスティアン国際映画祭では生涯功労賞として最も栄誉あるドノスティア賞を受賞。世界の映画ファンが注目する傑作がいよいよ日本に上陸、いち早く作品と向き合った原田さんに見どころを聞いた。

@ManoloPavon

「運命の大きなうねりの中で予期せぬ別れが訪れることは、いつの時代でも誰の人生にも起こり得ると思います。どんなに忘れようとしても語りかけてくる過去がやがて、現在、そして未来へとつながっていく。それを象徴するような美しい海のシーンが、心に焼きついています。そして、主人公ミゲルの相棒のワンちゃんが可愛すぎて、私も犬を飼いたくなりました。潤んだ瞳としっぽの豊かな表現力に注目です!

また、公式サイトには『ドライブ・マイ・カー』の濱口竜介監督や、岩井俊二監督、細田守監督をはじめ、日本を代表する映画監督による絶賛コメントも掲載されています。(https://gaga.ne.jp/close-your-eyes/comment/)ビクトル・エリセ監督の集大成である傑作を、ぜひ劇場の大きなスクリーンでご堪能ください。」(原田りえさん)

@ManoloPavon

最新作公開を記念し、過去の名作『ミツバチのささやき』と『エル・スール』も特別上映される。こちらも貴重な機会なので、映画ファンは要チェックだ。

※日時は各映画館によって異なるので、HPをご確認ください。https://gaga.ne.jp/Victorerice/theater/

◆『瞳をとじて』(監督・脚本 ビクトル・エリセ)2月9日(金)公開

配給:ギャガ / 原題:Cerrar los ojos 英題:Close your Eyes / 2023 年/ スペイン / カラー /ビスタ / 4K / 5.1ch デジタル / 169 分 / 字幕

翻訳:原田りえ

© 2023 La Mirada del Adiós A.I.E, Tandem Films S.L., Nautilus Films S.L., Pecado Films S.L., Pampa Films S.A.

公式サイト:https://gaga.ne.jp/close-your-eyes/

◆【英日・日英映像翻訳 4月開講!】
まずは
無料のリモート・オープンスクールへ


※詳細・お申し込みはこちら

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」


※詳細・お申し込みはこちら

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page