News
NEWS
voiceinTYO

音声ガイド作りのパイオニア 平塚千穂子さんが書籍「夢のユニバーサルシアター」を執筆

音声ガイド作りのパイオニア 平塚千穂子さんが書籍「夢のユニバーサルシアター」を執筆
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

田端にある小さな映画館、CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)をご存じですか? すべての作品に音声ガイドとバリアフリー字幕を付けて上映し、目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアターです。2016年9月の開館から3周年を迎えた今年、この映画館が生まれるまでの道のりを追った書籍「夢のユニバーサルシアター」が出版されました。

 
universaltheater_shoei-1_2

 
著者はCINEMA Chupki TABATAの代表の平塚千穂子さん。平塚さんは、2001年にバリアフリー映画鑑賞推進団体City Lightsを設立し、視覚障害者の皆さんが映画を楽しむための同行鑑賞会などを実施する中で、見えている情報を言葉でガイドする音声ガイドという手法を確立しました。その第一歩は、『千と千尋の神隠し』をグループで映画館に観に行き、見える人が見えない人の耳元でコソコソと映像の動きを教えるというものだったそうです。そこから試行錯誤しながら少しずつ改良し今の音声ガイドの形を作り上げていきました。
IMG_0734
※平塚千穂子さん
doukou2
※初期の同行鑑賞会の様子

 
2008年からは、シティ・ライツ映画祭を7年連続で開催。この映画祭には、JVTA代表の新楽直樹がトークゲストに登壇したほか、修了生が音声ガイド制作に参加し、映画祭の様子を毎年取材するなど、JVTAもその活動をずっと応援してきました。JVTAの音声ガイド講座で皆さんが学んでいるスキルは、平塚さんたちのこうした活動から生まれたものなのです。

 
IMGP3833 - コピー
※第4回シティ・ライツ映画祭にはJVTA代表・新楽が登壇させていただきました。 

 
同書では、クラウドファンディングを起ち上げ、多くの人たちの共感を得て映画館オープンを実現するまでの日々や座席、音響など設備のこだわりが紹介されています。加えて音声ガイドづくりのモニターとして活動されている田中正子さんとの対談なども収録され、見える側と見えづらい側が話し合いながら、よりよりガイドを作り上げるためのプロセスが語られています。田中さんはJVTAの音声ガイド講座のモニター検討会にもお越し頂いたほか、音声ガイド制作者を描いた映画『光』(河瀬直美監督)にも出演されています。巻末には『ローマの休日』を教材に、音声ガイドを作る際のポイントを解説。これまで、音声ガイドを聴いたことがない人も、音声ガイドの歴史から手法、作り方まで総合的に知ることができる1冊となっています。

 
Processed with VSCO with  preset
※CINEMA Chupki TABATA 外観

 
◆平塚さんからJVTAにメッセージを頂きました。

JVTAで音声ガイドやバリアフリー字幕を勉強されている皆様。皆様の作る音声ガイドや字幕が、映画を通して多様な人々と世界をつなげ、ますます豊かにしていく「橋渡し」となっていることを、どうぞ誇りに思ってください。皆様の作る言葉の先に、たくさんの方々の喜ぶ笑顔があります。作者と観客をつなぐ大事な役目、その素晴らしい担い手の一人として、今後益々、バリアフリー映画の環境づくりに皆様の力を発揮していただけたら幸いです。

 

※CINEMA Chupki TABATA アットホームな映画館の中を覗いてみましょう!

 
映画を愛し、誰もが映画を楽しむことを目指して奔走してきた平塚さんの生き方は、映像翻訳者にも共感できるエピソードが満載です。音声ガイドは見える、見えないに関わらず、誰もが楽しめるツールです。日本語表現や作品解釈も学べます。ぜひ手に取ってみてください。

 

同書の出版を記念して、9月にCINEMA Chupki TABATAでは、トーク付き上映会が行われます。詳細・ご予約はこちら

 
9月19日(木)~30日(月)には、平塚さんの活動を追ったドキュメンタリー『city lights』が上映されます。本を読んで興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。
CINEMA Chupki TABATA 公式サイト http://chupki.jpn.org/

 
夢のユニバーサルシアター 著者・平塚千穂子 発行・有限会社 読書工房
https://www.d-kobo.jp/news/universal_theater/

 
◆JVTAはこれからも平塚さんの活動を応援し、映像のバリアフリー化に取り組んでいきます。JVTAでは音声ガイドのスキルを教える講座を開講中。無料説明会を開催しています。詳細・お申込みはこちら

 
LL_img_108922_1
【JVTAが平塚さんを取材した関連記事】
※タイトルをクリック!
◆JVTA代表 新楽直樹コラム コトバはヒカリ
◆「音声ガイドディスクライバーのプロ養成講座ができるなんて夢のよう!」平塚千穂子さんインタビュー
◆JVTA代表 新楽直樹が登壇した第4回City Lights映画祭レポート
◆2016年9月1日(木)、日本初のユニバーサルシアターがオープン!
◆『ガールズ&パンツァー 』バリアフリー上映に声優の中上育実さんが登壇!

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page