News
NEWS
明けの明星が輝く空にinCO

明けの明星が輝く空に 第135回:切り拓かれたデザインの地平

明けの明星が輝く空に 第135回:切り拓かれたデザインの地平
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

ここのところ、特撮キャラクター頭部の意匠に関する考察が続いたが、あと1回だけお付き合い願いたい。今回取り上げるのは、自由な発想がとどまることを知らない、仮面ライダーたちのデザインだ。
 
特に注目したいのは、頭部の角(あるいは角状の飾り)である。もともとバッタがモチーフの初代ライダー(『仮面ライダー』1971年~1973年)は、細い2本の触角(アンテナ)を持ち、その後のライダーたちも、いくつかの例外を除いて基本的に同じデザインを踏襲していた。シリーズが1980年代終盤にいったん中断したあと、復活初年のライダー、クウガ(『仮面ライダークウガ』2000年~2001年)は、モチーフとなったクワガタムシの顎を模した角を持って登場した。これ以降、実にさまざまな様式で、ライダーたちの頭部は飾り付けられていくこととなる。
 
西洋の騎士がモチーフの龍騎(『仮面ライダー龍騎』2002年~2003年)は触角も角もないが、正面から見れば角のように見える突起物がある。それは、顔を覆うフェイスシールド(騎士の鉄仮面のようなスリットが入っている)の角(かど)で、後方に向けて回り込みつつ伸びているので、頭部の輪郭線からはみ出し、角が生えているようなシルエットとなるのだ。タカがモチーフのオーズ(『仮面ライダーオーズ/OOO』2010年~2011年)にも、それと似た手法が使われている。顔に翼を広げた鳥をかたどった仮面を付けたようなデザインで、その翼の先端が左右斜め上に突き出している。
 
角は強さの象徴であり、いい意味でのケレンミを外見に加味する。ヒーローにはふさわしい装飾と言えるだろう。ただ、長く続くシリーズで、すべてのライダーが角を生やしていてはマンネリ化を引き起こす危険性がある。龍騎やオーズに見られるのは、それを避けるための工夫なのかもしれない。
 
龍騎からオーズに至る過程でも様々なデザインが登場したが、オーズ以降、その自由度が加速する。戦国武将のような出で立ちをした鎧武(『仮面ライダー鎧武/ガイム』2013年~2014年)は、前頭部に日本刀をイメージしたと思われる飾りがある。イメージとしては、有名な伊達政宗の兜に付けられた三日月型の前立に近い。また、車がモチーフのドライブ(『仮面ライダードライブ』2014年~2015年)の頭の上には、アルファベットのHを平たく横に伸ばしたような形状のものが付いている。これは車の空力性能を高めるためのリアスポイラーを模していて、支柱の間に水平のパーツがあるが、角に見立てることも可能だろう。
 
『仮面ライダージオウ』(2018年~2019年)のジオウは、時計がモチーフ。文字盤を模した顔面に短針と長針があり、それぞれ10時方向と2時方向に長く伸びている。奇抜なのは、真ん中に大きく「ライダー」という文字がデザインされ、「ラ」と「ダ」が目になっている点だが、角状の装飾との絡みで注目すべきは、ジオウのライバルであるゲイツだ。文字が「らいだー」と平仮名になって、「ら」と「だ」が大きくゆがんで斜め上に突き出し、角のように見せているのだ!
 
そして、個人的に一番突き抜けてしまったデザインだと感じるのが、ビルド(『仮面ライダービルド』(2017年~2018年)である。こちらも目の一部が伸びて角のようになっているのだが、それぞれ左右の目が異なるものを模していて、驚くほど意外なモチーフを採用している。まず、基本形態であるラビットタンクフォームは、左目がウサギ、右目が戦車で、長く伸びているのはウサギの耳と火を吹く戦車の砲身だ。そのほかのフォーム、例えばファイヤーヘッジホッジは、左目がハリネズミで右目が消防車。角にあたる部分は、ハリネズミの針と消防車のハシゴである。さらにスマホウルフの左目は狼の横顔で、角は長く伸びたたてがみ。右目はスマホを表す長方形に、なぜか古い電話の受話器を重ねたデザイン。その受話器が、台座のスマホから外側に突き出している。
 
ビルドのフォームは他にもたくさんあり、その自由奔放なデザインの世界はまるで迷宮のようだ。最後に、僕がいくら見てもモチーフを解明できなかったものを紹介しよう。その名はニンニンコミック。ニンニンは忍者のことで、左目のモチーフは十字手裏剣。これはわかりやすい。問題は右目だ。コミックは漫画のことだが、台形から尖った棒が飛び出しているそれは、僕にはカブトガニのようにしか見えなかった。ところが、かたどっているのは漫画の原稿とペンだったのだ。確かに、よく見れば先が割れたペン先もあるし、漫画のコマ割も確認できる・・・。こうなると、もはや“何でもあり”だ。およそ特撮ヒーローとは縁遠いものをモチーフにする発想。そしてそれをデザインとして成立させる手法。いや、もう何と言ったらいいか。言葉が出ません! 恐れ入りました!
 
—————————————————————————————–
Written by 田近裕志(たぢか・ひろし)
JVTA修了生。子供の頃から「ウルトラセブン」などの特撮もの・ヒーローものをこよなく愛す。スポーツ番組の翻訳ディレクターを務める今も、初期衝動を忘れず、制作者目線で考察を深めている。
【最近の私】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の余韻を噛みしめていると、突然『シン・仮面ライダー』制作発表のニュースが! もうこれは、「庵野秀明のシン撃」だ!!
—————————————————————————————–
 
明けの明星が輝く空に
改めて知る特撮もの・ヒーローものの奥深さ。子供番組に隠された、作り手の思いを探る
 
バックナンバーはこちら
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
net_top_kobetsu2021
【映像翻訳にご興味がある方】
リモート個別相談へ
(希望者には字幕体験レッスン可)
※詳細・お申し込みは▶こちら
 
net_top_LA20210515A

◆【ロサンゼルス校留学 特別セミナー】
日英・英日に対応するハイブリッドな映像翻訳者が留学で勝ち取ったキャリアを語る!
※詳細・お申し込みは▶こちら
 

毎週月曜日夜9時~YouTubeにて生配信「JVTA+(プラス)」
◆JVTAの名物講師が毎回登場!YouTubeライブでしか聞けないトークを繰り広げる45分!
※詳細は▶こちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page