News
NEWS
MTC

【映像翻訳者の多角的なニーズ】プレスキット翻訳とは?

【映像翻訳者の多角的なニーズ】プレスキット翻訳とは?
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

JVTAでは、スクール部門に加え、翻訳受発注業務を行うメディア・トランスレーション・センター(MTC)を併設し、修了生のプロデビューをサポートしている。
 

MTCで受発注するのは、映像の字幕や吹き替えだけではない。ウェブサイトの記事翻訳や映画祭や展覧会のパンフレットや書籍のテキスト翻訳など幅広いジャンルで、翻訳者のスキルは求められている。
 

今回紹介するのは、プレスキットの翻訳。プレスキットとは何か? 翻訳者は具体的にどのような作業をしているのか? MTCの先崎進ディレクターに聞いてみた。
 

【プレスキットとは?】
プレスキットとは、記者や報道関係者に渡すプロモーション用の資料や素材をひとまとめにしたデータや情報だ。企業や商品、作品、イベントなどについての情報を分かりやすく解説している。メディアはこの情報をもとに記事を作成するため、翻訳者には正確さが求められ、リサーチ力なども問われる。
 

「私たちが受注するのは主に劇場公開やDVD発売となる映画に関する資料です。日本で作品を公開するにあたって、映画の配給会社などから依頼を受けて日本語訳の依頼されることがあります。作品の制作の背景や裏側、撮影秘話、作品の見どころ、監督や出演者、その他スタッフのコメントなどが含まれます。こうした翻訳が、マスコミやメディアを通して発信されるほか、日本の視聴者に作品の魅力を知ってもらえるような紹介文の作成などに役立てられています」(先崎ディレクター)
 

【プレスキットを翻訳する醍醐味】
MTCでは、ドラマや映画の字幕や吹き替えを担当する際、公式サイトなどに載せる作品紹介文も併せて作ったり、映画祭などのイベントのプログラムの情報を2カ国語にしたりする仕事も受注し、映像翻訳者が担当している。プレスキット翻訳はある意味、それらの作業にも似ている。
 
 

「日本でまさにこれから公開される作品について、いち早く触れられるという面白さがあります。これは、翻訳担当者ならではの醍醐味。しかし、依頼される段階では公開前ということも多く、映像を直接確認できない場合もあります。実際に映像を見ながら字幕や吹き替えを作る作業に比べ、制作者や出演者の思いを汲み取り、想像力を働かせながら訳文を作る難しさがあると思います」(先崎ディレクター)
 
A008C004_HereWeAre_light (c) SPIRO FILMS LTD  (1)
※『旅立つ息子へ』より (c) SPIRO FILMS LTD
 

『旅立つ息子へ』(劇場公開中)の場合は、資料として文字で紹介される制作者の言葉の翻訳をJVTAが担当。自閉症スペクトラムを抱える息子と彼を見守る父親との絆をいた、実話に基づく作品だ。プレスキット翻訳では、監督のニル・ベルグマン氏、脚本のダナ・イディシス氏、児童精神科医師のカロリーヌ・エリアシェフ氏などのコメントを日本のメディア向けに翻訳した。制作者の想いを伝える重要な資料となる。
 
Here We Are_key Art_page-0001
© 2020 Spiro Films LTD.
 
『旅立つ息子へ』公式サイト
https://longride.jp/musukoe/

 

【特報などの動画にも字幕の学びが満載】
「依頼は主にテキストベースですが、なかには監督や出演者のインタビューなどの字幕翻訳をお願いされることもあります。それぞれ5分前後の短いものですが、こうした依頼にも対応できるのが多くの映像翻訳者が活躍するMTCのアドバンテージ。実はこうした短い動画でも字幕を作る上で大切なスキルが駆使されています。例えば、適切な情報の取捨選択や自然な言い換えなど「なるほど!」と思えるポイントがあるはずです。映像翻訳者を目指す人は、こうした身近な材料からも学んでほしいです」(先崎ディレクター)
 
herself_still_rec709_178_2k.15
※『サンドラの小さな家』より 
©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
 
 
現在公開中の映画『サンドラの小さな家』では、テキスト翻訳のほかにインタビュー動画もJVTAが担当した。DVから逃れたサンドラが、二人の娘と新たな生活を始めるために、周囲の人々の助けに支えられながらも自らの手で家を建てるという物語だ。資料には、実際に家を建てながら撮影が進められた秘話や虐待シーンの撮影の背景なども綴られている。また、公式サイトには、脚本・主演のクレア・ダンとフィルダ・ロイド監督のインタビュー動画が公開されている。
 
◆脚本・主演のクレア・ダン インタビュー

◆フィルダ・ロイド監督 インタビュー

 
sandra_chirashi
©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
 
 
『サンドラの小さな家』公式サイト
https://longride.jp/herself/
 
プレスキットの翻訳に求められるのは、語学力だけではない。「作品を深く理解する作品解釈力」「作品の魅力を分かりやすく伝える表現力」さらに「情報の信ぴょう性を保証するリサーチ力」など映像翻訳者が持つスキルが必要とされる。JVTAで学んだスキルはこうした現場でも生かされている。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page