News
NEWS
eventinTYO

【JVTA修了生にインタビュー!】SSFF&ASIA2022がもうすぐ開幕!今年もJVTA修了生が200本以上の字幕制作を担当!

【JVTA修了生にインタビュー!】SSFF&ASIA2022がもうすぐ開幕!今年もJVTA修了生が200本以上の字幕制作を担当!
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

6月7日(火)より、世界最大級の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022(SSFF & ASIA 2022)」が開催される。「Meta Cinema~超える・見付ける・始まる」をテーマに掲げた2022年は、会場やオンラインでの上映に加えてバーチャル映画館の体験や、AIを駆使した脚本から作られたショートフィルムの公開などで、映画(シネマ)を超越した新たな映像表現や映画の楽しみ方を提案している。
JVTAは毎年この映画祭を字幕でサポート。今年も約200本の上映作品について、ほとんどの字幕を修了生が担当した。
MV2022
今年の映画祭では特別上映作品として、コリン・ファースがコロナ禍のエンタメ業界復興をテーマに制作参加した『閉塞』が日本初公開。本作の日本語字幕はJVTA修了生の山田由依さんが担当している。
 

ChiusiFuori
■『閉塞』(Chiusi Fuori)
監督:Giorgio Testi/イタリア/8:40/ドラマ/2021
ステファノ・アコルシがリハーサルの直前舞台に立つと、突然辺りは暗くなり劇場が空っぽに。扉には鍵がかかり、スタッフは何処へやら。何が起こったのか理解できないステファノの前でセットが突然変わり、今度は衣装を身につけ俳優のコリン・ファースと舞台に立っているではないか。情緒あふれる月夜の下で台詞を交わし合う二人。研ぎ澄まされた空気が二人を包むが、魔法は突然解けステファノは現実世界に戻る。(SSFF&ASIA2022 プレスリリースより)
 

山田さんは依頼を受けた時点では注目作だということは知らなかったという。
「ご依頼いただいた際には、注目作ということは存じ上げなかったのですが、コリン・ファースが出演している作品で、すごくテンションが上がりました(笑)。もちろんプレッシャーも感じましたが、やる気もわいてきました。」(山田由依さん)
 

実際の作業においては、セリフの行間を読むだけでなく、ストーリーのベースとなっている演劇について調べる必要もあったそう。
「2人の掛け合いが軸となる作品なので、流れを意識して字幕作成に臨みました。セリフの意味や行間を読み取るのが難しかったです。また、演劇『ゴドーを待ちながら』をもとに構成されている作品なので、原作を参考程度に調べてから作業に取り掛かりました。ですが、原作にこだわらず、自分なりに解釈した訳を考えて字幕を作成しました。」(山田さん)
 

もとになっている作品の内容を意識しながら、実際の作品に寄り添う訳を考える。原作と映像のバランスを考えて訳出することは、映像翻訳の難しいところであり面白いところでもある。作品を見る際には、ぜひそういった点も意識しながら見ていただきたい。
 

最後に、山田さんに作品の魅力について聞いた。
「短い作品ですが、セリフや情景、演者の表情、その一つひとつに奥深さを感じました。場面が急に変わり、何が起こったのか一瞬戸惑いますが、すぐに2人の世界に引き付けられます。本作品のテーマが“コロナ禍のエンタメ業界復興”ということを踏まえて観ると、また捉え方が変わりました。完成した作品を観るのが楽しみです。」(山田さん)
 

本作はオンライン会場でも6月4日(土)より配信開始。会場上映に先駆けて、ぜひチェックしてほしい。
 

このほか、アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門受賞の『バスケの女王』、韓国の新鋭女性監督パク・チワン(「ひかり探して」)による『ハイスクールガールズ』、「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーがプロデュースするロボトミーを描くアニメーション『ヴァンダル』など日本初公開となる注目作が目白押し。
 

また、「今注目の日本人監督」13名によるショートフィルム特集もオンライン会場にて一斉配信中。ベルリン、アカデミー賞と世界の映画祭を賑わす濱口竜介監督に続くであろう日本人監督の作品を、いち早くチェックしよう。
Filmmakers on the Rise
 

■オンライン会場はこちらから
https://www.shortshortsonline.org
配信期間:2022年4月28日~6月30日
 

さらに6月7日(火)には、LINE CUBE SHIBUYAにて映画祭オープニングセレモニーが開催。映画祭アンバサダーLiLiCoさん、MCのこがけんさんはじめ、オフィシャルコンペティション supported by Sony ジャパン部門ノミネート監督である黒木瞳さん、青柳翔さん、玉城ティナさん、千葉雄大さん、永山瑛太さん、前田敦子さん、アミューズミュージカルアワードミュージカルアワードプレゼンターとして柚希礼音さんの来場が予定されている。オンラインで同時配信も実施されるので、こちらも要チェックだ。
 

■オープニングセレモニー 詳細はこちら
https://shortshorts.org/2022/opening-ceremony/
 

●SSFF & ASIA 2022 公式サイト
https://shortshorts.org/2022/

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆【2022年10月期 受講生募集】
映像翻訳のすべてが分かる!「リモート・オープンスクール」へ!

オープンスクール
※詳細・お申し込みはこちら
 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page