News
NEWS
voiceinTYO

English Clock主任講師 山根克之 ロジカルリーディング力を鍛える⓾

English Clock主任講師 山根克之 ロジカルリーディング力を鍛える⓾
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

English Clockは“プロの映像翻訳者が持つ思考プロセス”を伝授し、
映像翻訳に必須の「英文解釈力」を着実にレベルアップさせることを目的としています。

 
2019年10月から新講座「ロジカルリーディング力強化コース」を開講。英文読解を高度な知的活動と捉え、英文を「何となく読める」レベルから脱却し、確実な根拠に基づいて理解した内容を自分の言葉で説明できるようになるまで考え抜くトレーニングを行います。英字紙の社説やドキュメンタリー番組のスクリプトなど、深い内容の素材を訳しながら、英文を貫く論理の見出し方、筋の通った訳文の作り方を学びます。具体的にどんな講座なのか、山根克之講師が解説します。

 
<字幕の設計図を描こう>
字幕には1秒4文字というルールがあり、原文で語られている内容をハコの長さに合わせて、限られた文字数で表現しなければなりません。字幕は難しいと悩んでいる受講生の皆さんは、この文字数を気にし過ぎて字幕の1枚1枚を近視眼的に見ていないでしょうか? こうして出来上がるのがいわゆる「流れのよくない字幕」です。
この点を克服するために、ロジカルリーディングの実践編「アディショナル5」では、ロジカルリーディングで学んだ「引き継ぎと展開」「対の関係」などの視点を生かしながら、「字幕の設計図」を頭に描いて字幕を作る演習を行います。

 
次の英文はGoogleに関するドキュメンタリーのスクリプトの一部です。この英文から4枚の日本語字幕を作るとしましょう。(1)~(4)は字幕の番号を指します。制限文字数は(1)が27、(2)が16、(3)が13、(4)が20とします。

 
(1) Google also has to worry about a band of young upstarts ready to change the world of search. (2) Discarding Google’s original model of a data crunching search engine, (3) they are approaching search from a different angle. (4) They want to harness the power of what is known as the “wisdom of friends.”

 
まず「対の関係」を意識して英文を眺めるとworld of search (検索エンジン業界)を舞台にGoogleにyoung upstartsが挑もうとしている様子が1文目から見て取れます。より具体的にどのような対立構図になっているのか、2文目以降の「展開」に注目しましょう。すると、Googleのoriginal(従来型)の検索エンジンに対して、young upstartsはdifferent angle(異なる方法)の検索を開発しようとしていることが分かります。次に気になるのはdifferent angleの具体例です。さらに「展開」に注目しながら次の文を見ると、wisdom of friendsを利用する点が新しいということが分かります。

 
この流れを意識して字幕の(1)から(4)で何が言えればよいのか考えると、次のような感じになります。

 
(1)検索業界にグーグルのライバルが現れてきた
(2) (3)新しいタイプの検索エンジンはグーグルの検索方法とは違うアプローチをする
(4)新しい検索方法の肝は「友人の知恵」だ

 
後はハコの長さ(制限文字数)合わせて字幕を作るだけです。例えば次のような感じになります。

 
(1)
検索業界には グーグル社を脅かす
ライバルも生まれています
(2)
彼らは従来の検索方法に
別れを告げ
(3)
新たなスタイルを創造します
(4)
ポイントとなるのは
“友人の知恵”です


 
ロジカルリーディング強化コースでは、まず全8回の基礎編で英文を論理的に読み解くために必要な考え方を習得し、実践編のアディショナル5で映像翻訳のスキルに落とし込んでいきます。表面的な理解からさらに一歩踏み込んで英文が読めるようになってこそ、翻訳のスキルも身につきます。英文が読めているつもりなのに、思うような訳文を作れず悩んでいる人はぜひ受講してください。
※詳しいカリキュラムはこちら
(Text by English Clock 主任講師 山根克之)

 
◆山根克之講師のレッスンをもっと聞いてみたい!
「English Clock ロジカルリーディング力 強化コース」

次期は2020年11月に開講です。(全面リモート受講)
まずは無料体験レッスン(リモート開催)にご参加ください!
詳細・お申込みはこちら

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page