News
NEWS
eventinTYO

【サマースクール2021】まるでマジック!英文リライトのコツ ~ハリウッドの脚本家がやさしく指南!“日本語が透けて見える”残念な英文を〈自然な英文〉に変えるには~

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

【日本映像翻訳アカデミー(JVTA)デジタルキャンパス「JVTA ONLINE」presents】
初心者、学習者から現役のプロまで
英語・映像翻訳・通訳・フリーランス事業に役立つ知識を1レッスンで学ぶ !

JVTAオンラインサマースクール2021

◆2021年7月26日~2021年8月30日 <1レッスン完結型授業> ※無料レッスン有り◆
 
<特別な英語授業を受けたい>
2021年8月23日(月) 19:30 – 20:20 ※日本時間
まるでマジック!英文リライトのコツ
~ハリウッドの脚本家がやさしく指南!“日本語が透けて見える”残念な英文を〈自然な英文〉に変えるには~

 
ライティングで一番重要なのはリライトです。プロは初稿ができた後、何度も何度もリライトをかけます。今回のセミナーでは、日本人の英文ライティングでよくあるミスを取り上げて、より簡潔で分かりやすい表現に書き直していきます。“日本語が透けて見える”直訳調の英文が、英語らしい発想の自然な英文に生まれ変わる様子は、まるでマジック。エキサイティングで目から鱗の50分です!(※講義は全て英語で行います)
 
 

“My boss became happy when I submitted the report.”は
“The report made my boss happy. ”に!
「英語らしい簡潔な文章」とは何でしょう? 例をいくつか見てみましょう。
 

例1)
仕事で「報告書を提出したら、上司が喜んだよ」と言いたい場合。そのまま直訳すると下記のようになります。
 

“My boss became happy when I submitted the report.”(9語)
 

「喜ぶ」と辞書で引くと“become happy”とあるのでそのまま使う方が多いですが、英語としては不自然です。
 

日本語は「~である」「~なる」という表現をよく使いますが、英語は「~する」「~させる」というアクションを描写することが多いです。だからこの場合も、主語を「上司」から「報告書」に変えて、「…に~させる」という他動詞“make”を使って、“The report made my boss happy.”(6語)とすれば、英語らしい発想の文章になり、短く簡潔に伝わります。
 

例2)
「お仕事は?」と聞かれて「私は新商品の企画を行っています」と答えたい場合。そのまま直訳すると下記のようになります。
 

“I am doing a planning of a new product.”(6語)
 

名詞が多い文章だと、日本人の苦手な冠詞(aやthe)が多くなり、さらに間違いも多発します。例の直訳文では「企画」という数えられないものが“a planning”となってしまうし、一般的な新商品を指すときは“new products”と複数形なのに、単数になってしまっています。また、日本語では「~しています」という表現なので、現在進行形(be+~ing)にしていますが、普段からやっていることは現在形でOK。原文の日本語に惑わされないことが大切です。

時制を修正し、名詞を動詞に変えてみると”I plan new products.”と短く簡潔にすることができます。
 

元の日本語の構造が透けて見える英文は、冗長で分かりにくくなります。このセミナーでは過去の事例を、プロのライターが添削&解説。日本語の表現に縛られず、英語らしい発想で、短く簡潔な文章に書き換えていきます。「こういう表現にすればいいんだ!」と英語と日本語の考え方の違いに驚くはずです!
 

講師:
c3f045b8f048bf7c7b9ccc407022bb10
マイケル・ゴザード
アメリカ・ペンシルバニア出身。全米脚本家組合(WGA)の公式会員。名優モーガン・フリーマンの脚本、ストーリー・エディターとして活躍後、自ら執筆した脚本『PRIDE』を、ハリウッド映画大手製作会社ライオンズゲートに売り込み、映画化。全米で劇場公開される。日米の大学・教育機関や国務省主催のワークショップ等で、ストーリー構成や脚本ライティングを指導。現在は富山市にてアポロ・イングリッシュ・アカデミー主宰。ライティング、スピーキング、発音矯正を中心に、英語指導を行っている。
 

<こんな方におすすめ>
●英文ライティング力を付けたい方
●英語ならではの発想を知りたい方
●プロのリライトスキルを見てみたい方
●英語を話すときに、脳内で日本語を直訳してしまっている方
*講義は全て英語で行います。

 
【日時】2021年8月23日(月)19:30 – 20:20/50分 ※日本時間
【形式】オンライン(Zoom)
当日の視聴用リンクに関しては、お申し込み後に別途ご連絡させていただきます。
【参加費】無料
【参加方法】
下記2つの方法をお選びいただけます。
①JVTA独自のシステム「JVTA Online」から視聴する。
②お申し込み後の自動返信メールに記載したZoomリンクから視聴する。
※JVTA Onlineに新規登録された方のログイン情報は、セミナー開催2日前までにお送りします。
 
<さまざまなセミナーをまとめて視聴するならJVTA Onlineがおすすめ!>
JVTA OnlineはJVTAが独自に開発したラーニング・マネージメント・システムで、昨年10月より各コースに導入しました。2021年からは受講生以外の方でも登録が可能で、開講予定の講座に申し込みができ、JVTA Online限定で公開している過去のセミナーも視聴することができます。

登録ご希望の方は、下記申し込みフォームに、登録希望の旨をお知らせください。登録完了後、フォームにご入力いただいたメールアドレス宛に「JVTA Online アカウント発行のお知らせ」という件名でURLとログイン情報が届きます。当日はURLを開き、IDとパスワードを入力し、該当するセミナー情報からワンクリックでZoomにアクセスできます。お気軽にご登録ください。
 
【お問い合わせ】電話 03-3517-5002
【ご予約】
ご予約は、以下のフォームに記入して送信ボタンを押してください。このページで入力いただいた内容はSSLで暗号化されて送信されます。
 

JVTAは情報セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001」を取得しています。詳しくはこちら

ISMS_ISMSAC
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール



     

    留学をご検討中の方、必見!語学人材のためのキャリア研究 2021夏
    この夏、ロサンゼルス校は無料オンラインセミナーシリーズを開催中!
     

    <第3弾>
    2021年7月24日(土)10:00~10:45(45分)/日本時間
    ◆留学のすべてが分かる!留学経験者とベテラン講師が次々と質問に答える45分!◆
    「留学経験者と講師がズバリ答える!ロサンゼルス校Q&A ~渡米準備から現地での学習・生活まで~」
    net_top_LA-OS20210724
    登壇者:川島 藍さん(元留学生)、仲本 莉里歌さん(元留学生)、マクラウドゆかさん(LA校講師)
    ※詳細・お申し込みは▶こちら
     
    ※その他のセミナーも近日詳細を公開!ラインナップは▶こちら

     

    お申し込みフォーム

    ●お名前(全角)*必須

    ●カナ(全角)

    ●メールアドレス(半角)*必須

    ●JVTA Onlineからの視聴を希望しますか? *必須

     希望する 希望しない

    ●JVTA Onlineの登録はお済みですか? *必須

     登録済み 未登録

    ●JVTAでの受講歴 *必須

     ある ない

    【備考】

     
     

    Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page