News
NEWS
eventinTYO

学生インターンによるSDGs映画の上映イベント 「WATCH 2022 WINTER」が開幕!

学生インターンによるSDGs映画の上映イベント 「WATCH 2022 WINTER」が開幕!
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page


【プレスリリース】

★「WATCH 2022 WINTER : For a Sustainable Future」公式サイトはこちら
 

~監督・プロデューサーインタビュー動画も公開、さらに翻訳ワークショップの生配信も実施決定!~
映像翻訳者を育成する日本映像翻訳アカデミー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:新楽直樹、以下「JVTA」)が主催の無料オンラインイベント「WATCH 2022 WINTER : For a Sustainable Future(以下、WATCH 2022 WINTER)」が、2022年12月9日(金)より開催となります。WATCH 2022 WINTERはインターンが主体となり翻訳、プロモーション、イベント制作を行う産学協働プロジェクトです。36名の学生が字幕を制作したSDGsがテーマの長編ドキュメンタリー映画2本の無料オンライン配信に加え、学生による監督インタビュー動画も公開となります。また、会期中には学生が字幕翻訳の裏側を案内する「知って、学んで、やってみよう!体験型字幕翻訳ワークショップ」も開催します。
 

■日本人学生ならではの視点で、監督とプロデューサーにインタビュー
「WATCH 2022 WINTER」は、東京外国語大学(所在地:東京都府中市、学長:林佳世子)が共催、神戸市外国語大学(所在地:兵庫県神戸市、学長:田中悟)が協力となる産学協働プロジェクトです。本イベントのベースとなるインターンシップ・プログラムでは、学生がJVTAのインターン生としてスタッフの指導・サポートを受けながら、イベントの成功に向けて主体となって活動しています。
この度、字幕翻訳と並行して学生が準備をおこなったものが、上映作品のひとつである『80億人の天使たち~地球と人類の未来~』(2019年)の監督ヴィクター・ヴェーユ氏とプロデューサーのテリー・スパール氏とへのインタビューです。作品の制作過程に関する質問だけでなく、「世界的な人口増加が問題視される中、日本のように人口減少が問題になっている国もある。そういった国々にはどんな提案ができると思うか?」など、作品のメインテーマとなっている「人口問題」について、日本人学生ならではの視点での質問が投げられました。ヴェーユ氏とスパール氏はインタビュー後、「日本人学生と直接話す機会は初めてだった。非常にいい議論ができた」と話しました。インタビューを担当した学生も「インタビューをしたことで、この作品をより多くの人に届け、メッセージを伝えたいという思いが強まった」「私たち学生の質問にも真摯に、わかりやすい言葉で答えてくれた」「作品を通して製作陣の熱意とメッセージが観た人に届き、様々な問題に対して行動するきっかけとなると思う」と感想を述べました。インタビュー動画は2022年12月9日(金)より公式サイト等で公開となります。
 

■インタビューを終えて
ヴィクター
ヴィクター・ヴェーユ/『80億人の天使たち~地球と人類の未来~』監督
「今回インターンの皆さんのおかげで私たちの作った作品が日本の皆さんに届けることができます。翻訳を通じて人々の声が世界に届けられることをうれしく思います。学生の皆さんが今取り組んでいるこの活動はとても貴重な素晴らしいものです。ぜひこの先も続けてほしいです。」
 

テリー
テリー・スパール/『80億人の天使たち~地球と人類の未来~』プロデューサー
「日本の学生とこのように話をするのは初めての経験でした。興味深い議論ができたと思っています。学生の皆さんはとても良い質問をしてくれ、すばらしいインタビューとなりました。この「WATCH 2022 WINTER」という活動に関わることができて光栄です。」
 

インタビューのティザーはこちら



 
■字幕翻訳の裏側に迫るワークショップも生配信で開催!
また、12月17日(土)19:00からは、学生たちによる「知って、学んで、やってみよう!体験型字幕翻訳ワークショップ」が開催されます。インターンの学生たちが実際に制作を通して学んだ英日字幕翻訳の世界を、生配信で案内します。レクチャーと翻訳体験の2部構成で、レクシャーでは、ふだん何気なく見ている日本語字幕が、実は様々なルールに沿っていること、あらゆる角度から推敲を重ねて作られていることを紹介します。翻訳体験では上映作品でもある『80億人の天使たち~地球と人類の未来~』のワンシーンを使い、字幕案を視聴者にチャットで送ってもらい、その場で字幕を完成させていきます。字幕翻訳の裏側をのぞき見ることのできるワークショップです。参加は無料。翻訳経験の有無にかかわらず誰でも参加可能です。
 

■ドキュメンタリー作品は無料で視聴可能。申し込みはWEBサイトから
「WATCH 2022 WINTER」の上映作品は、『80億人の天使たち〜地球と人類の未来〜(原題:8 Billion Angels)』(2019年、Victor Velle)と『フォレスト・フォー・ザ・ツリーズ ~植樹者たちの物語~(原題:Forest for the Trees)』(2021年、Rita Leistner)の2作品です。インターン参加の学生たちは翻訳前の下調べや作品解釈から始まり、実際の翻訳から字幕としての推敲まで、約1ヶ月を費やして字幕を完成させました。1枚1枚の字幕に、視聴を通して世界中の社会・環境問題への理解を深めてほしいという思いが込められています。作品視聴に関する情報やイベントに関する詳細は、公式ウェブサイトをご確認ください。
 

■「WATCH 2022 WINTER : For a Sustainable Future」実施概要
公式ウェブサイト:http://www.watch-sdgs.com

・上映イベント開催期間:2022年12月9日(金)~2022年12月18日(日)
・開催方式:ラーニングプラットフォーム「JVTA Online」にて視聴
(映像はオンデマンド方式で配信。トークイベントはZoomでライブ配信を予定)
・参加費:すべて無料・要事前申し込み
・共催:東京外国語大学
・協力:神戸市外国語大学
 

■クラウドファンディングプロジェクト
「大学生が翻訳したSDGs映画を無料上映する「WATCH」を応援してください!」
募集サイト:https://camp-fire.jp/projects/view/632011
目標金額:80万円
終了日:2022年12月18日(日)
主催:日本映像翻訳アカデミー
 

関連記事:
◆総勢36名の学生によるSDGsをテーマにした映画の オンライン上映イベント「WATCH 2022 WINTER」 クラウドファンディングを開始!
 

◆日本映像翻訳アカデミー、約40名の学生インターンが字幕を手がけたSDGs映画の上映イベントを開催
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◆【入学をご検討中の方対象】
映像翻訳のことが詳しくわかる無料リモートイベントへ!※英語力不問

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら


 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page