News
NEWS
キラリinBLG

発見!キラリ  人に迷惑をかけない

発見!キラリ   人に迷惑をかけない
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

12月のテーマ:Destination

 
地図が読めなくなった。今までは地図をサッと見れば、問題なく目的地まで辿り着いていたのだが、ここ最近は不調だ。

 
先日、地図をどれだけみても目的地が全く分からず、駅まで迎えにきてもらったことがあった。約束の場所は駅から徒歩10分ほどで、行くまでに目印になりそうな建物がたくさんある。そのうえ曲がる回数も少なく比較的わかりやすい場所だ。しかし、私は迷った。
地図をみて歩きだしてみるが、正しい方向に進んでいない気がしたので、駅から動かずに助けを求めた。幸いにも判断は正しく、自分が行こうとしていた方向は目的地とは逆だった。

 
世の中は便利になった。地図アプリを使い現在地を入力すれば、目的地まで迷うことなく辿り着くことができる。では、なぜ私は現在地情報を入れなかったのか。

 
設定の仕方がわからないのだ。昔は現在地情報を入力して地図を使っていたのだが、“スタートからゴールまでこの道順しか許さない”と言われているような圧力が気に入らなかったので、設定を解除した。この圧力は私が勝手に感じとっているだけかもしれないのだが、「目的地への行き方はたくさんある! 決めつけないで!」と思ってしまい苦手だ。それに、「250メートル先を右折」と言われても距離感がわからない。この建物を右に曲がるとか具体的に言って欲しい。

 
道に迷うことが多くなり、久しぶりに地図アプリの設定をしなおそうとしたのだが上手くいかない。やり方を調べるのも面倒なので、いまだに設定できていない。しかし、面倒だとも言っていられない状況だ。道がわからないせいで、皆に迷惑をかけまくっている。今月だけでも3回は人を困らせた。迎えにきてもらったエピソードの他にも、地図をよく見もせずに、勘で、こっちじゃない? と言って相手を混乱させたことや、道案内を全て相手に任せたこともあった。これ以上人に迷惑をかけるわけにはいかないので、誰かと一緒の時は現在地情報を入力することにしようと思う。今年最後のやることリストは地図の設定になるだろう。来年は迷いませんように!

 

Written by 吉原明日香

 

[JVTA発] 発見!キラリ☆  12月のテーマ:Destination
日本映像翻訳アカデミーのスタッフが、月替わりのテーマをヒントに「キラリ☆と光るヒト・コト・モノ」について綴るリレー・コラム。修了生・受講生にたくさんのヒントや共感を提供しています。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page