News
NEWS
JUICEinBLG

【スタッフコラム】Fizzy!!!!! JUICE #29翻訳者は言葉の大海を泳ぐマーメイド●伊原実希(翻訳事業推進部)

【スタッフコラム】Fizzy!!!!! JUICE #29翻訳者は言葉の大海を泳ぐマーメイド●伊原実希(翻訳事業推進部)
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page


翻訳者は、知らない世界に恋焦がれ、人知れず言葉の大海に身を溶かす。仕事で出会った未知の世界を理解するため、図書館に入り浸り、手に取ったこともない書籍に囲まれ、異世界に埋没する。まるでマーメイドが水面から顔を出し、陸の世界を見るように、留まることを知らない好奇心と不安が、交互に押し寄せては引いて心を削る。
 

登場人物のこと、彼らが見ている世界のことをもっと知りたい。列をなす本棚の間をひたすら泳ぐうちに、海の中で左右が分からなくなるように、私もどこから来てどこへ行きたいのか分からなくなってしまう。調べているドンピシャの情報が見つからず、周辺の情報から想像力を働かせて輪郭を捉える。それは、陸の上を思いっきり走れないマーメイドのようでもどかしい。苦しい。向いていないのではないかと漆黒の海が私を飲み込み、不安に凍える。
 

それでも私は翻訳をやめない。苦しいけれど続けることで、海の中に安住していたら出会えるはずもなかった素晴らしい人たちと仕事ができるから。小さいころ遊びに行くたびに背丈を測っては柱に印をつけてくれた祖母が、今は私が翻訳案件を受けるたびに手帳に正の字を書き足してくれるから。私の訳した異国の映像や音楽をこっそり聴いている祖父を私もひっそり喜ばせたいと思うから。これまで深く考えずに手を出してきたさまざまなことが、翻訳を通して自分の中でつながっていく感覚は「何でも好きなことに挑戦しなさい」と背中を押してくれた両親に「今までのことは無駄じゃなかった」と証明できるようで嬉しいから。
 

求めていた言葉を手繰り寄せられた時、応援してくれた人に感謝を伝えられる時、翻訳で出会った世界とこれまで自分がやってきた個々の挑戦がつながってじわじわと世界が広がっていく時、とてつもない幸福感に包まれる。それと同時に終わることのない挑戦がひどく苦しく、途方に暮れる。そんな幸せと苦しさの間をもがく瞬間、生きていると感じる。
 

まばゆい光が踊る水面を見つめる。私はもう浅瀬で無邪気に海を楽しむだけじゃない。陸に届いた素晴らしいコンテンツの数々は翻訳という大いなる葛藤をはらむことを私は知っている。海の底で繰り広げられる物語を、輝きに満ちた海の神秘を知っている私はマーメイド。
 

そんな妄想からさめて図書館を出る時、あまりの成果のなさに落ち込むこともある。それでも、私の中のマーメイドが今も消えることなく居続けていることがやっぱり嬉しくて、ちょっとだけすがすがしい気持ちで家路につく。
 

—————————————————————————————–
Written by 伊原実希
日本映像翻訳アカデミー・翻訳事業推進部
いはら・みき●日本映像翻訳アカデミー・翻訳事業推進部スタッフ。英日映像翻訳科修了生。
—————————————————————————————–
 

「Fizzy!!!!! JUICE」は月に1回、SNSで発信される、“言葉のプロ”を目指す人のための読み物。JVTAスタッフによる、示唆に富んだ内容が魅力です。一つひとつの泡は小さいけど、たくさん集まったらパンチの効いた飲み物に。Fizzy! なJUICEを召し上がれ!
 
・バックナンバーは▶こちら
・ブログ一覧は▶こちら


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆【時期開講は2023年4月】
映像翻訳に興味を持ったら「リモート個別相談」へ!
(希望者には字幕体験レッスン可)

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page