News
NEWS
eventinTYO

21年に大好評だったあのセミナーが3年ぶりに復活!続・翻訳の“入口”と“出口”を学ぶ特別講座

21年に大好評だったあのセミナーが3年ぶりに復活!続・翻訳の“入口”と“出口”を学ぶ特別講座
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

『JVTAリモートセミナー・シリーズ Winter 2024
~言葉で遊ぶ!クリエイティブな映像翻訳の世界~』<全セミナー無料>

ラインナップは▶こちら


2024年3月1日(金)19:30-21:00 ※日本時間
リモート開催/参加無料


英文解釈と日本語表現のプロ講師が同じ原文を訳すと何が変わるのか?
それぞれの解釈のポイントを徹底披露

2021年に行われたサマースクールで約200名の申し込みがあった超人気講座が3年ぶりに帰ってきます。講師は英文解釈のスペシャリスト・山根克之講師と、日本語表現力の達人である丸山雄一郎講師。2人が同じ翻訳素材を使い、英文を解釈する上で、訳文を作っていく上での注意点、テクニックなどをお教えします。講座の前半を山根講師、後半を丸山講師が担当し、2人揃って皆さんからの質問にお答えするQ&Aの時間もあります。
翻訳の“入口”ともいえる英文解釈と、“出口”ともいえる日本語表現力を同時に学べる貴重な講座です。ぜひご参加ください!(※前課題あり)

【こんな方におススメ!】
・JVTA受講生・修了生
・翻訳者として活動している方
・将来プロの翻訳者として活躍したいと考えている方
・英語力不問。翻訳未経験の方もご参加いただけます

【内容】
1.取り扱う翻訳素材について解説
2.英文解釈についてのポイント解説/山根講師
3.日本語表現についての解説/丸山講師
4.全体内容のまとめ、Q&A

【課題について】
セミナーお申し込みの確認メールに記載されているダウンロードリンクより、課題のダウンロードをお願いします。本セミナーでは課題の個別添削はございません。またセミナーまでに提出の必要はありませんので、講義当日までにご自身で翻訳にお取り組みください。
課題を完全に終えられなくても楽しめるセミナー内容にはなっていますが、課題内容を基に進めていきますので、事前のお取り組みをお勧めいたします。


【登壇者プロフィール】

山根克之(「ロジカルリーディング力強化コース」主任講師)
リーディングやリスニング、英文解釈など英語力アップに必要なスキルを指導するスペシャリスト。フリーの映像翻訳者として、プロレスやサッカーなどのスポーツからミリタリー、歴史、自然科学関連のドキュメンタリーまで幅広く経験。JVTA英日映像翻訳科の授業も担当する。


丸山雄一郎(「日本語表現力強化コース」主任講師)
学生時代からJVTA代表である新楽直樹に師事し、ライターとしてデビュー。小学館「DIME」「週刊ポスト」「週刊ビッグコミックスピリッツ」などでライター、編集として活動後、講談社「週刊現代」「FRIDAY」「セオリー」などで執筆。現在は、映像翻訳本科のほか企業の社内研修でも講師を務める。



日程:2024年3月1日(金)19:30~21:00 ※日本時間

参加費:無料

参加方法:リモート(Zoom使用)

参加受付期限:2024年3月1日(金)18:30

対象者:どなたでも参加可(海外からの参加も可)

申込方法: 以下の申し込みフォームからお申込みください。送信後に届く自動返信メールに当日のご参加方法に関する詳細が記載されていますので、必ずご確認ください。

その他のお問い合わせはこちらのアドレスにてメールで受け付けております。
   seminar(at)@jvta.net
   ※(at)は@に置き換えてください。



    お申し込みフォーム

    ●お名前(全角)*必須

    ●カナ(全角)

    ●メールアドレス(半角)*必須

    ●電話番号(半角数字)

    ●お住まいの都道府県(海外にお住まいの方は国名) *必須

    ●JVTAでの受講歴 *必須

    ●ご職業 *必須

    ●当イベントをどのようにお知りになりましたか? *必須

    ●上記でその他を選択された方は詳しくお知らせください。

    【備考】

     
     



    Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page