News
NEWS
voiceinTYO

【ゆうばりファンタスティック映画祭グランプリ】『湖底の空』の英語字幕とバリアフリー字幕を修了生が担当

【ゆうばりファンタスティック映画祭グランプリ】『湖底の空』の英語字幕とバリアフリー字幕を修了生が担当
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

日本・韓国・中国の合作映画『湖底の空』(佐藤智也監督)が2021年6月12日(土)から劇場公開される。この作品は「ゆうばりファンタスティック映画祭2020」で日本初上映。審査員の満場一致でグランプリに選出され、シネガーアワードとW受賞を果たした話題作だ。英語字幕をJVTA修了生の今村真由子さん、バリアフリー字幕を修了生の浜岡直子さんが手がけた。きっかけは、2004年に遡る。ある映画祭で佐藤智也監督と出会ったという。
 
kotei_main
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

「以前、ゆうばりファンタスティック映画祭でボランティアをしたことがきっかけで、2004年に、英語字幕を手がけた今村真由子さんなどJVTA修了生数人で韓国のプチョン国際ファンタスティック映画祭を訪れました。そのとき、『⾆〜デッドリー・サイレンス』を映画祭に出品していた佐藤智也監督とお会いしたのです。その後も交流が続いており、昨年オンライン開催されたゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020に『湖底の空』を出品すると監督から伺い、この作品を鑑賞。ぜひ、多くの方に見てほしいと思い、バリアフリー字幕制作を担当したいと監督に直談判しました」(JVTA修了生・浜岡直子さん)
 
kotei_sub03
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

物語の主人公は、日本人の父と韓国人の母の間に生まれた一卵性双⽣生児の姉弟、空(そら)と海(かい)。二人は韓国・安東(アンドン)で生まれ育った。28歳となった空は現在、中国・上海に暮らし、イラストレーターを目指している。ある日、空のもとに双子の弟が訪ねてくる。性に関して問題を抱えていた海(かい)は性別適合手術を受けて女性となり、名前を海(うみ)と変えていた…。
 
kotei_sub04
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

「日本・韓国・中国を舞台に生と死、性別、国籍・人種という線引きを超えてつらい過去を持つ登場人物たちが自分自身を見つめ、新しい人生の一歩を踏み出す映画です。韓国の美しい風景が心にしみて、優しい気持ちになれます」(浜岡さん)
 

韓国、中国、日本にまたがるロケを敢行した意欲作。俳優陣も日本、韓国、香港など国際色豊かとなっており、作品の公式サイトでもストーリーは3つの言語で表示されている。バリアフリー字幕を作るうえで心がけたポイントがあったという。
 

「映像が美しい映画なので、バリアフリー字幕ならではの『音の表現』を最低限に抑えて極力映像を邪魔しないことを心がけました。この作品ならではの特徴は3カ国語でセリフがあり、韓国語、中国語部分に日本語字幕が入っていること。工夫したのは、原音は何語で話されているのかを示す表示を字幕に追加してもらったことです」(浜岡さん)
 
kotei_sub02
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

英語字幕とバリアフリー字幕について、佐藤監督からコメントを頂いた。3カ国語が入り混じる作品ならでは難しさがあり、表示の仕方などを字幕制作者と検討したという。
 

「3カ国語が入り乱れる映画に字幕を付けるのは大変だろうと思います。浜岡さん、今村さんには多大な尽力をいただき、感謝申し上げます。
 

英語字幕の今村さんからは、複数の言語を一つの言語の字幕に反映させる方法として〈 〉や〈〈 〉〉を付ける方法を教わりました。でも『湖底の空』は3カ国語が同程度の量出てくるので、どの言語でもそのまま出す形にしてもらいました。その分、言語が切り替わったことを英語で表現しなければならず、負担が大きかったのではないでしょうか」(佐藤監督)
 
kotei_sub01
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

浜岡さんが手掛けられたバリアフリー字幕は、私も映画祭などの上映で観たことはありましたが、自分の映画に付けるのは初めてでした。なので、字幕の法則を一から教わることになりました。どこで言語が切り替わったのか分かるようにしてもらいましたが、劇中の会話ではバイリンガルの俳優がアドリブで言語を変えてくるので、これも厄介だったろうと思います。
 

言語が入り乱れるところを字幕で整理して、なおかつその場のニュアンスを伝えていただきました。映画の中のキャラクターのように、いろんな人たちにこの映画を観ていただきたいです」(佐藤智也監督)
 
kotei_sub05
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 

『湖底の空』は、6 ⽉12 日(土)より新宿K’s cinema ほか全国順次公開。新宿K’s cinemaでは6月17日(木)と、24日(木)の12時からの2回、バリアフリー上映がある。
詳細はこちら
https://www.ks-cinema.com/movie/koteinosora/
 
kotei_subo6
©️2019MAREHITO PRODUCTION
 
『湖底の空』
6/12(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次公開
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト 
©️2019MAREHITO PRODUCTION
公式サイト:https://www.sora-movie.com/

 
◆MASC×JVTA バリアフリー講座
字幕ライター養成講座 音声ガイドディスクライバー養成講座
詳細はこちら ※無料説明会を開催中!
★バリアフリーに関する取り組みや修了生の活躍の場を紹介しています。
https://www.jvta.net/tyo/barrierfree-article/

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page