News
NEWS
schoolinTYO

バリアフリー講座  字幕講座は2019年4月6日(土)、音声ガイドは7月6日(土)開講

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

★映画やドラマが大好きで映像のバリアフリー化に携わりたいという方へ
「即戦力」を養成するための講座です
 

「MASC×JVTA バリアフリー視聴用 音声ガイド&字幕ライター養成講座」

字幕講座は2019年4月6日開講。音声ガイド講座は2019年7月6日(土)開講。

 

本講座は、視覚障害者用音声ガイドと聴覚障害者用字幕との作成スキルを学ぶコースです。
 

2014年の障害者権利条約の批准や2016年の障害者差別解消法の施行などにより、日本では今まで以上に「映像のバリアフリー化」に対する意識が高まっています。地上波テレビ放送のほか、劇場公開映画やインターネット配信動画などでも、字幕や音声ガイドが付いたコンテンツがどんどん増えています。この勢いが今後ますます加速していくことでしょう。
 

映画館から家庭まで、映像コンテンツのバリアフリー化に取り組むNPO法人、メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)が作り上げてきたノウハウと、20年以上も映像翻訳者の育成を続けてきた日本映像翻訳アカデミー(JVTA)の知識を活かして作られたカリキュラムで、受講生のプロ化を徹底的にサポートします。講座修了後には制作実務に関わるチャンスが多く用意されています。
 

映像翻訳者としてのスキルを活かしたいという方ももちろん、大歓迎です。
 

無料説明会では「映像のバリアフリー化」って何? という疑問から、カリキュラムや修了後の仕事のことまで、何でもお答えします。
 

少しでも興味を持ったら、ぜひ説明会に参加してください。
まずは知ることから始めましょう。
 

2019年3月30日(土)11:00~12:00
2019年4月 2日(火)19:00~20:00

 
●場所
日本映像翻訳アカデミー東京校
住所:
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町3-2-4 共同ビル(日銀前)2F/3F
 

お問い合わせ
メールアドレス:barrierfree(at)jvtacademy.com ※ (at) は @ に置き換えて下さい。
電話番号:03-3517-5002

 

★無料説明会のお申し込みはこちら
https://www.jvta.net/tyo/6806/

 
●講座概要
・開講スケジュール

毎週土曜日 10:00~12:30
≪字幕クラス(全12回)≫
4/6、4/13、4/20、4/27、5/11、5/18、5/25、6/1、6/8、6/15、6/22、6/29

 

≪音声ガイドクラス(全9回)≫
7/6、7/13、7/20、7/27、8/3、8/10、8/24、8/31、9/7
 
 

● 受講資格(選択の目安)
・パソコンをお持ちの方(Windowsのみ。ただし、タブレットPCは不可)
・最低限のパソコン操作スキルを有している方
(必要とされるスキルの一例)
ダブルクリック、ドラッグ&ドロップ、ファイルのダウンロード、
メールの送受信、Microsft Exel/Wordのファイル作成及び基本的な操作、Web検索など
・インターネットに接続できる環境が整っている方(有線が望ましい)
・現在フリーランスで活動している方
 

※上記のほか、字幕講座を受講希望の方は、講座内で使用する「おこ助Pro3」(受講期間中は無償貸与〕がWinsows対応のみのため、「WindowsPCを有している」または「開講までに導入の意思があること」が受講条件です。
 

※講座についてご不明な点がある方は、メールまたは電話でお気軽にお問い合わせください。
 

メールアドレス:barrierfree(at)jvtacademy.com ※ (at) は @ に置き換えて下さい。
電話番号:03-3517-5002
(担当:バリアフリー事業部/小笠原、村西 教務/武藤、池田)
 

★講座の詳細はこちら
※修了生の活躍やバリアフリー関連の関係者への取材記事もご覧いただけます。
http://www.jvtacademy.com/chair/lesson3.php
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page