News
NEWS
voiceinTYO

ブラック・メタルの王は俺だ 『ロード・オブ・カオス』が劇場公開中! 字幕は修了生・上田明子さん

ブラック・メタルの王は俺だ 『ロード・オブ・カオス』が劇場公開中! 字幕は修了生・上田明子さん
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

現在、劇場公開中の映画『ロード・オブ・カオス』の字幕をJVTA修了生の上田明子さんが手がけています。ノルウェーのオスロを拠点に、初期ブラック・ メタル ・ シーンの中核的な存在となったバンド「メイヘム(Mayhem)」の軌跡を追ったこの作品は、2020年に北欧映画を集めた映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル」で上映され、話題となりました。
 
サブ1
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 

物語は、リーダーでギタリストのユーロニモスの視点で語られていきます。1987年、メイヘムは、サタニズム(悪魔崇拝主義)を掲げ、過激なライヴパフォーマンスとコープスペイント(死化粧)で若者に熱狂的に支持されていました。やがて、メンバーの自殺や教会放火、殺人と狂気を帯びた彼らの行動は歯止めがきかなくなり、社会問題にまで発展していきます。
 
サブ2
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 

ユーロニモスを演じるのは、マコーレー・カルキンの実弟、ロリー・カルキン。ロリーは約1年かけて役作りをし、Molins Film Festivalで主演男優賞を獲得しました。監督は、スウェーデン出身で自身もブラック・メタルの父ともいえるバンド「バソリー」のドラマーとして活躍したジョナス・アカーランド (ヨーナス・オーケルンド)。彼は、マドンナやオジー・オズボーン、ポール・マッカートニー、レディー・ガガなどのMVを手がけたことでも知られています。また、音楽をアイスランドのポストロックバンドのシガー・ロス担当していることも見どころの一つです。日本語字幕を手がけた修了生、上田明子さんにお話を聞きました。
 
メイン 
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 

◆日本語字幕を担当 修了生・上田明子さん
2012年4月期 英日映像翻訳科実践コース修了
アメリカのシットコムやリアリティ番組、ドラマなどで字幕・吹き替えを手がける。主な翻訳作品はInternet Famous(邦題:ネットで有名人、ノルウェ、2015年ショートショートフィルムフェスティバル&アジア上映作品)、『ヴォイド』(2019年フィンランド映画祭上映作品)、サイレント映画『深淵‐アビス‐』(2017年トーキョーノーザンライツフェスティバル上映作品)など。

 

この映画はバンドの伝記というより、人間ドラマにフォーカスを当てた作品で、メタル関連の調べものはそれほど多くありませんでした。(歌詞訳もご提供いただきました)逆に私のようにメタルの知識があまりない人でも楽しめる作品です。内容はかなり過激ですが…。
 
サブ3
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 
まずは、メイヘムのことを調べるところから始めました。映画の冒頭に「事実と虚構を織りまぜた実際の出来事に基づく物語」というテロップが入るのですが、彼らのことを詳しく調べるうちに比較的事実に忠実に描かれているようで驚きました。
 
サブ4
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 

今回は劇場公開前に、字幕の監修に入っていただいたき、調べものだけではカバーできない箇所などをご指摘いただきました。例えばスクリプトもなく、メタル独特の語り口で話しているシーンがあったのですが、「決めゼリフだから訳した方がいい」というご指摘があり、字幕として訳出しました。また、poserを「素人」と訳していたところ、「素人」には、「ポーザーというルビを入れ続けてほしい」というご要望がありました。poserはメタル界隈で軽蔑的によく使われており、この作品でも何度も出てきます。最終的にはすべて「ポーザー」にして初出のみ「素人」のルビを入れました。
 
サブ6
©2018 Fox Vice Films H oldings, LLC and VICE Media LLC
 

翻訳で気をつけたのはユーロニモスとヴァーグのトーンでした。
ユーロニモスはメイヘムの創設者でノルウェーのブラック・メタルを確立したという自負がありましたが、実は気弱な人物で、悪魔崇拝もレコードを売るためのポーズでやっているかのようにも描かれています。(警察の陰におびえるなど)。一方、途中からバンドに加入したヴァーグは、最初はオタクっぽかったものの、どんどん狂気を帯びていき、悪魔崇拝にのめり込んでいきます。やがて2人の関係性も大きく変わっていくことに…。この2人の対比はしっかりと出せるように意識しながらセリフを作りました。ぜひご覧ください。
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
TTJ_POSTER_A'
『ロード・オブ・カオス』
2021年 3 月 26 日 金 よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてロードショー!以降順次公開
© 2018 Fox Vice Films Holdings, LLC and VICE Media LLC
公式サイト:https://lordsofchaos.jp/

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
net_top_kobetsu2021
【映像翻訳にご興味がある方】
リモート個別相談へ
(希望者には字幕体験レッスン可)
※詳細・お申し込みは▶こちら
 
net_top_LA20210515A

◆【ロサンゼルス校留学 特別セミナー】
日英・英日に対応するハイブリッドな映像翻訳者が留学で勝ち取ったキャリアを語る!
※詳細・お申し込みは▶こちら
 

毎週月曜日夜9時~YouTubeにて生配信「JVTA+(プラス)」
◆JVTAの名物講師が毎回登場!YouTubeライブでしか聞けないトークを繰り広げる45分!
※詳細は▶こちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page