News
NEWS
eventinTYO

<※終了しました>【世界を市場にするための知財(IP)戦略セミナー】DAY 2 「世界水準の知財管理と法務」

<※終了しました>【世界を市場にするための知財(IP)戦略セミナー】DAY 2 「世界水準の知財管理と法務」
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

<JVTAと海外コンテンツビジネスのプロフェッショナルが共同開発>
世界を市場にするための知財(IP)戦略セミナー
最低限知っておくべき4つのファクター
 

DAY 2  1月22日(土)10:30~12:00
「世界水準の知財管理と法務」

 

※受付を終了しました
 

■海外コンテンツビジネスにおける
法務のグローバルスタンダートを知る

近年、日本の映画やアニメなどが海外の映画祭なで高く評価されています。特にアニメは日本を代表するコンテンツで、それを活用したビジネスも展開されています。しかし、世界市場を見ると日本のアニメのシェアは約8%とごくわずか。さらに市場を拡大するために必要なのが、知的財産(IP)ビジネスに関する知識とスキルを持った人材だと言われています。
実はその人材に求められる要素と映像翻訳者が備えているスキルは重なる部分が多くあるのです。
 

■映像翻訳者とIPビジネス人材の求められるスキル一覧
スキル一覧
 

主に共通するのは、「語学力」「適切な言語表現力」「コンテンツの理解力」「グローバルな視野」「ビジネス対応力」です。映像翻訳者がIPビジネスの人材として近い位置にいることは間違いありません。新たな知識とスキルを身につけることで、映像翻訳だけに留まらず、フリーランスとしてキャリアの幅を広げることができるのです。
 

IPビジネスの最初のステップとして知っておきたい1つが、肖像権や著作権などに関する法的な基礎知識です。肖像権や著作権などの基本的な考え方は万国共通。フリーランスとして自分の活動を発信する際にも知っておくべきスキルと言えるでしょう。まずは日本での考え方や知識を知ることから始めたいという方におすすめの講座があります。
 

JVTAは、1月22日(土)10:30より国際弁護士、柴田純一郎氏が登壇するセミナー「「世界水準の知財管理と法務」を開催。ディズニー、ソニー・ピクチャーズといったハリウッド・エンターテインメントで活躍してきた柴田氏が、知的財産権、商標、著作権に関する知識を、ライセンサーとライセンシー、両方の角度から気を付けるべきこと、備えるべきことを、事例を交えて解説します。また、日本と海外でのビジネスの進め方の違いについても具体的にお話しします。
 

自分が思う常識だけで進めてしまうと大きな落とし穴に落ちてしまうことも少なくありません。これまでの思い込みは捨て、正しい知識を身につけて備えましょう。
 

※お申し込みいただいた方には受講前に読んでおきたい「海外コンテンツビジネスのガイドブック」をプレゼント。申し込み後に届く、自動返信メールにアクセスリンクを記載しておきますので、ぜひご覧ください。
 

講師:
柴田純一郎氏 
米国弁護士(カリフォルニア州)・日本弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)

  • プロフィール
  • ※柴田氏にインタビュー:
    「世界水準の知財管理と法務」
    ▶こちら
     
    林 美千代氏(ブランドプロミス合同会社代表)

  • プロフィール
  • ※林美千代氏に単独インタビュー:
    「グローバルブランド『竜とそばかすの姫』のブランドプロデューサーに聞いた知識とスキル」
    ▶こちら
     

    【セミナー内容】
    イントロ/林美千代氏
    第1部/レクチャー 柴田純一郎氏
    なぜ訴訟は起こるのか、ブランド・商標法について
    著作権・肖像権の基礎
    これだけは見落とせない!異文化により発生する契約内容の違い
    ライセンスのプラクティス
    専門家との関わり方
    第2部/対談 柴田純一郎氏×林美千代氏
    日本企業と外資系企業の決定的な違い
    ライセンサー、ライセンシー、各立場における交渉ポイント
    実例紹介
    第3部/質疑応答
     
    【受講条件】
    エンターテインメントコンテンツやブランディング、ライセンスビジネスなど、知的財産に関わるビジネスパーソン。さらに、地方自治体、グローバルキャリアを目指す学生など。
     
    【開講日】
    1月22日(土)10:30~12:00 ※終了しました
     
    【受講料】
    正規受講料:4,400円(税込)
    早割り:3,850円(税込) ※終了しました。
    学割(大学生):3,300円(税込)
    LIJ会員:3,300円(税込)
    JVTA/GCAI受講生修了生:3,300円(税込)
    マンパワーグループ登録者:3,300円(税込)
    海外在住者およびJVTAロサンゼルス受講生・修了生:3,000円
     
    ※学生は申し込みフォームに学校名を記入。
    ※マンパワーグループに登録されている方は、登録番号を申し込みフォームの備考欄に入力してください。
     
    【受講方法】
    下記2つの方法をお選びいただけます。
    ①JVTA独自のシステム「JVTA Online」から受講する。
    受講料のご入金が確認でき次第、お申し込みフォームにご入力いただいたメールアドレス宛にJVTA Onlineのログイン情報をお送りします。
    ②お申し込み後、講座前日までにお送りするZoomリンクから受講する。
     

    ※音声を聞き取りやすくするために、イヤホン・ヘッドホンの使用をお勧めします。また質疑応答のタイミングもありますので、マイクをお持ちでしたらご用意ください。
     

    講師:
    柴田純一郎氏 
    米国弁護士(カリフォルニア州)・日本弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)

    240789611_587378259337401_1826291640547407444_n
    米ハリウッド系企業における社内弁護士・弁理士として、著作権を中心とするエンタメ法域・企業内法務を専門とし、特に米ハリウッドのエンタメ実務から日本のエンタメ実務の再考・提言に強みとする。
    <略歴> 2004年 株式会社東芝にて国際取引・国際契約に従事、2006年 都内特許/法律事務所にて外国特許・意匠・商標実務に従事、2010年 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社法務部にて著作権・ライセンス実務に従事、2017年 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント法務部にて子会社機関運営・M&A・事業提携/投資の法務に従事、2019年~ 合同会社ユー・エス・ジェイ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)法務部にてパーク運営全般に係る法務責任者として従事
    <所属機関> 米国カリフォルニア州弁護士会/カリフォルニア弁護士協会/日本弁理士会/日米法学会/日本知財学会
     
    ※柴田氏にインタビュー:
    「日本のコンテンツを海外へ展開するなら 世界水準の知財管理と法務の知識が不可欠」
    ▶こちら
     
    林 美千代氏(ブランドプロミス合同会社代表)
    林さん
    劇場映画の制作現場から始まり、ソニー・ミュージックエンターテインメント、ウォルト・ディズニー・ジャパン、そしてNBCユニバーサル・エンターテイメントと、一貫してエンターテインメント業界に身を置き、コンテンツ開発、番組購入、マーケティング、そしてブランディングに従事。セサミストリート、ウォレスとグルミット、ディズニー・スティッチ!、ディズニー・ユニベアシティ、ミニオンズ、TED、本田技研工業、ウルトラマン、ゴジラ、スタジオ地図等、担当したブランドやキャラクターは総勢50以上、創出市場価値・総額8,000億円超。現在はブランドプロミス合同会社にて、ブランドプロデューサーとして、海外/国内ブランドの立ち上げとマーケティング、事業戦略など幅広く手掛ける。
    日本大学芸術学部映画学科卒/ボンド大学院MBA 一般社団法人ライセンシングインターナショナルジャパン会員
     
    ※林美千代氏に単独インタビュー:
    「グローバルブランド『竜とそばかすの姫』のブランドプロデューサーに聞いた知識とスキル」
    ▶こちら
     

    JVTAについて
    1996年設立。東京とロサンゼルスにオフィスを構え、海外の映画、ドラマ、ドキュメンタリー、音楽番組、スポーツ放送、企業PR 映像など、プロの映像翻訳者を育成。同時にあらゆる映像コンテンツにおける日⇔英、多言語の翻訳を扱う翻訳事業を展開している。協働するフリーランスの翻訳者は世界中に在住(登録者約800名)。地方自治体、企業の海外PRの企画開発のほか、日本コンテンツの海外展開も推進している。さらに、視聴覚障がい者向け字幕・音声ガイドを制作するバリアフリー化支援事業、にも取り組んでいる。2017年4月にJVTAモスクワオフィスを開設。日本とロシアを結ぶ映像コンテンツ事業もスタートさせた。
     

    「JVTA Online」から簡単に受講
    同講座は、JVTAが独自に開発したラーニング・マネージメント・システム「JVTA Online」から受講していただくことができます。ログインしていただくと、同講座の詳細をご覧いただくことができ、当日もワンクリックでzoomに接続できます。またご登録いただいた方のみが視聴できる動画も視聴が可能。来春に開講予定の新コースも「JVTA Online」からお申し込みいただくことができます。
    ※JVTA Onlineの詳細は▶こちら
     

    【申し込み方法】
    ※受付を終了しました
     

    ※その他の講座は下記リンクよりお申し込みください。
    ※全4講座の詳細はこちら
    https://www.jvta.net/tyo/contents-business-jan2022/

    FB_CBS20211020_2
     

    Day1: 2022年1月15日(土)
    「実践・ブランディング&ライセンスビジネス」は終了しました。
     

    Day3 : 2022年1月29日(土)10:30-12:00
    「米国への企画ピッチ、ケーススタディ」 
    大西美枝氏 
    マーザ・アニメーションプラネットプロデューサー
    https://www.jvta.net/tyo/contents-business-jan2022-3/
     

    Day4 : 2022年2月5日(土)10:30-12:00 
    「世界で結果を出す!ソーシャルメディア・マネージメント」 
    講師: 小川卓氏 
    HAPPY ANALYTICS代表取締役、デジタルハリウッド大学院客員教授
    https://www.jvta.net/tyo/contents-business-jan2022-4/
     

    Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page