News
NEWS
eventinTYO

『ルパン三世 カリオストロの城』と『サカサマのパテマ』 ウクライナ語字幕でのオンライン無料上映が決定!~ウクライナ人留学生が協力して翻訳。クラウドファンディングも実施~

『ルパン三世 カリオストロの城』と『サカサマのパテマ』 ウクライナ語字幕でのオンライン無料上映が決定!~ウクライナ人留学生が協力して翻訳。クラウドファンディングも実施~
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page


★公式SNSでは、参加学生が中心となって最新情報発信を発信中!こちらもぜひ応援していただければと思います。
フォロー&拡散にご協力をよろしくお願いいたします!
公式Facebook(ウクライナ語&日本語)はこちら
公式Instagram(ウクライナ語)はこちら
 

【プレスリリース】
※PDFでご覧になりたい方は▶こちら
 

ウクライナ人インターンがプロの映像翻訳者と共にウクライナ語字幕を制作
~日本の名作アニメ映画を、母国の家族や友達に届けたい~

映像翻訳者を育成する日本映像翻訳アカデミー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:新楽直樹、以下「JVTA」)は、ウクライナ避難民である留学生と共に日本のアニメーション作品をウクライナ語に翻訳し上映するオンラインイベント「J-Anime Stream for Ukraine」(共催:日本経済大学)にて、『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年、宮崎駿)と『サカサマのパテマ』(2013年、吉浦康裕)の上映を決定しました。また、本オンライン上映イベントの開催に向けたクラウドファンディングも開始いたします。

■上映作品は『ルパン三世 カリオストロの城』と『サカサマのパテマ』に決定
日本アニメを代表する両作品、共にウクライナ語字幕版は初上映

「J-Anime Stream for Ukraine」は「コトバで世界を結ぶ」というJVTAの企業ミッションのもと、「言語や異文化を学ぶ学生の活動や将来をサポートすること」「言語やエンタメの力で文化交流を促進し、市民同士の相互理解を深めること」を軸としたインターンシップ・プログラムをベースにしたオンライン上映イベントです。また今回のイベントには「世界各地に避難を余儀なくされたウクライナの人々を、ウクライナ語字幕付きの日本アニメで元気にしたい」という願いも込められています。そのため上映作品は、「①日本アニメの代表作として、世界に発信するに足る高クオリティであること」「②作品を鑑賞した人が、鑑賞後に「希望」を感じることができること」を基準とし決定しました。
 

上映作品①『ルパン三世 カリオストロの城』
(1979年/ 100分/ウクライナ語字幕/原作:モンキー・パンチ/監督:宮崎駿)
視聴可能地域:欧州国・アフリカ・中東。※一部地域を除く(視聴可能地域の一覧はこちら

『ルパン三世 カリオストロの城』は、『ルパン三世』(原作:モンキー・パンチ)劇場版の第2弾。スタジオジブリ作品をはじめ、数多くの作品にて監督を務めた宮崎駿にとって初の劇場監督作品でもあります。
『ルパン三世』は『漫画アクション』(双葉社)にて1967年8月10日より連載が開始され、1971年10月24日より『ルパン三世 PART1』としてTVアニメがスタート。現在までTVアニメシリーズはPART6まで制作、その他TVスペシャルや劇場版、スピンオフシリーズなど、それぞれの時代の空気を取り込みながらその世界を広げています。2021年にはアニメ化50周年を迎え、今もなお世界中のファンを虜にしているシリーズです。
2022年9月にはヒロイン・クラリスの結婚式の日に合わせて期間限定上映もされた不朽の名作である『ルパン三世 カリオストロの城』。自由を求めるクラリスと彼女を助けようとするルパンのストーリーは、おもしろさだけでなくあたたかな気持ちをも呼び起こします。
 

『ルパン三世 カリオストロの城』について、参加学生より:
ダリナ・アルィモヴァさん 日本経済大学 19歳

ダリナ小
私は『ルパン三世 カリオストロの城』が好きです!古いアニメですが、誰でも楽しく見られる作品です。 私は特に、キャラクターの関係性が好きでした。 たとえば、ルパンと次元は本当の相棒であり、 良い友人関係を築いていると思います。 いつもお互いに助け合い、よく冗談を言っているからです。ルパンと次元は大人ですが、子供のような方法で問題を解決することもあります。『カリオストロの城』でも、誰が車のタイヤを変えるか決めるために「ジャンケン」をする場面が印象的でした。 子供から大人まで楽しめる作品だと思うので、ぜひたくさんのウクライナの人々に見てもらいたいです。
 

上映作品②『サカサマのパテマ』
(2013年/99分/監督・原作:吉浦康裕)
視聴可能地域:ウクライナ、ポーランド、モルドバ、ルーマニア、スロバキア、ハンガリー、チェコ、トルコ、ブルガリア

『サカサマのパテマ』は、吉浦康裕監督が手掛けたオリジナル劇場用長編アニメーション。吉浦監督は『アイの歌声を聴かせて』(2021)で第45回日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞を受賞し、国内外でのさらなる活躍が期待されるアニメーション監督の一人です。
本作は“空想科学漫画映画”と称し、「ヒロインだけ重力の方向がサカサマ」というコンセプトで制作。3Dを積極的に導入し、横軸・縦軸を意識した画面設計・物語導線・そして舞台装置が詰め込まれた作品です。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、スコットランド・ラブズ・アニメ 2013観客賞及び審査員賞を受賞しています。
「重力」をキーに次々に移り変わる場面設定と二転三転するストーリー展開が魅力であり、昨今の日本アニメの技術力が十分伝わる作品です。また二つに分かれた世界の中で少年少女が手を取り合っていく過程を描くストーリーからは、知らない世界に足を踏みいれる不安やそれを乗り越える勇気、そしてお互いに分かり合うことの大切さを感じることができます。
 

『サカサマのパテマ』について、参加学生より:
カテリナ・グレバさん 日本経済大学 21歳

カテリナ・グレバ小
『サカサマのパテマ』を見たときに、まず感嘆したのはイメージ・プロセッシング(画像処理)です。世界のデザインや主人公のデザインが、すごく美しいと思いました。さらに、そこにおもしろくて複雑なテーマが加わって調和していると感じました。一方で、『サカサマのパテマ』の世界観は、少し難しいと感じる部分もありました。そのため、J-Anime Stream for Ukraineの翻訳は分かりやすく伝わるようにしたいと思います。個人的に一番気に入っているシーンは、捕らえられたパテマを助けに行くシーンです。主人公たちの運命を本当に心配しました!どのような結末を迎えるのか、ぜひたくさんの人に実際に作品を見てもらいたいと思います。
 

■主催者メッセージ:「J-Anime Stream for Ukraine」の開催に向けて
日本映像翻訳アカデミー(JVTA)グループ代表 新楽直樹

語学の修得や研究に打ち込む学生の力で日本製アニメーションの魅力を世界へ。参加した学生には、ここでしか得られないインターンシップ体験を――。映像翻訳事業を営む当社が4年前から手掛けている「J-Anime Stream(meeting)プロジェクト」に託した二つの思いです。
2022年は、ウクライナから多くの留学生を迎え入れている日本経済大学との共同開催により、宮崎駿監督『ルパン三世 カリオストロの城』と吉浦康裕監督『サカサマのパテマ』の二作品を、世界初となるウクライナ語字幕付きで国際配信します。
祖国や祖国を離れて暮らす同胞に日本の作品を楽しんでもらおうと、字幕翻訳やプロモーション、イベント運営に取り組むウクライナ人留学生を心から誇りに思います。ぜひ皆さんにも留学生にエールを送っていただければ幸いです。
 

■イベント開催に向けたクラウドファンディングもスタート
クラウドファンディングの実施は、2022年10月11日(火)から2022年12月2日(金)まで実施いたします。集まった資金は世界各地域に向けた作品のオンライン上映や、ゲストを招いて実施予定の特別イベントの開催費用等として使用させていただきます。現在、ゲストの確定、ウクライナ語字幕の制作、オンラインプラットフォームの作成など、上映に向けての準備をウクライナ人留学生が中心となり行っています。詳細についてさらに詳しい情報が決定いたしましたら、J-Anime Stream for UkraineのWEBサイトや本クラウドファンディングサイトで発表します。
 

参加学生からのメッセージ:
ワルサヴァ・ボーギさん 日本経済大学 23歳

日本②小
日本のアニメにはいい思い出がたくさんあります。このイベントで、私たちが元気をもらった日本のアニメをたくさんの人に見てもらって、今もウクライナにいる人たちに元気になってもらいたいです。ウクライナ語の字幕がついたアニメを見たいという友達もたくさんいます。そして、日本とウクライナがもっと強く結びつくきっかけになってほしいと思っています。
 

本イベントは在日ウクライナ大使館、また外務省の後援をいただいているインターンシップ・プログラムです。たくさんの方のご支援、ご声援をお待ちしています。

■クラウドファンディングプロジェクト
「ウクライナ人学生が翻訳した日本アニメを現地の人たちに見せたい」

公開日:2022年10月11日(火)11時
募集サイト:https://readyfor.jp/projects/JASU
目標金額:100万円
主催:日本映像翻訳アカデミー

 

■「J-Anime Stream for Ukraine」実施概要
公式ウェブサイト:http://stream.jvtacademy.com
上映イベント開催概要
イベント名:J-Anime Stream for Ukraine
開催日時:2022年11月25日(金)7:00~2022年12月2日(金)6:59
(ウクライナ時間の11月25日(金)0:00~12月1日(木)23:59)
開催方式:オンデマンド配信
上映作品:『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年、宮崎駿)
原作:モンキー・パンチ ©︎TMS 
『サカサマのパテマ』(2013年、吉浦康裕)
©︎Yasuhiro YOSHIURA / Sakasama Film Committee 2013
視聴料:無料
主催:日本映像翻訳アカデミー株式会社
共催:日本経済大学
後援:在日ウクライナ大使館、外務省
 

関連記事:
◆日本のアニメのウクライナ語字幕をつけて世界に上映するイベント「J-Anime Stream for Ukraine」を2022年11月に開催
http://stream.jvtacademy.com/
 

◆【字幕・吹き替えでサポート】UNHCRのアニメーション動画で難民問題を学ぶ
https://www.jvta.net/tyo/unhcr-animation-movie/
 

◆国連UNHCR協会×JVTA 翻訳者だからできる難民支援のカタチ「UNHCR WILL2LIVE Cinema 2021 募金つきオンラインシアター
https://www.jvta.net/tyo/unhcr-will2live-2021/
 

◆故郷を追われた人を守り続けて70年 UNHCRの活動をJVTAはサポートしています
https://www.jvta.net/mtc/who-we-are-unhcr70/
 

◆【『戦火のランナー』が劇場公開】翻訳者だからできる社会貢献のカタチ
https://www.jvta.net/tyo/runner/
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆【時期開講は2023年4月】
映像翻訳に興味を持ったら「リモート個別相談」へ!
(希望者には字幕体験レッスン可)

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら
 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page