News
NEWS
eventinTYO

【J-Anime Stream for Ukraine特別企画】 「『ルパン三世 カリオストロの城』の魅力を深掘り!ウクライナ人学生が映画評論家・切通理作に聞く」を開催!

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page

日本映像翻訳アカデミー(JVTA)は、日本経済大学と共催し、オンラインによるアニメイベント「J-Anime Stream for Ukraine」を2022年11月25日(金)~12月2日(金)まで開催する。
 

JVTAは以前より「語学を学んできた人々を全力でサポートする」という企業ミッションのもと、国内外の学校教育機関における教育プログラムを展開している。「海外大学字幕プロジェクト」や、「WATCH 2022: For a Sustainable Future」など、国内外の学生に向けて語学力を生かしたインターンシップを各種実施してきた。
また社会貢献活動にも積極的に関わっており、UNHCRウクライナ緊急支援への寄付(2022年2月)、国連UNHCR協会への寄付(2022年7月)、映像のバリアフリー化を担う人材の育成、「難民映画祭」への字幕無償提供なども行っている。
 

そんなJVTAが今回開催する「J-Anime Stream for Ukraine」は、ウクライナ語字幕をつけた日本アニメを世界に向けて上映するイベントだ(日本国内からの作品視聴は不可)。日本経済大学(福岡県太宰府市)が共催、外務省と在日ウクライナ大使館が後援で実施する長期インターンプログラムの一環として行うものである。
インターンシップに参加するウクライナ人学生の多くは、避難をきっかけに日本経済大学へと留学してきた学生だ。学生たちは「世界各地に避難を余儀なくされたウクライナの人々を、ウクライナ語字幕付きの日本アニメで元気にしたい」という思いを持ち、字幕翻訳作業や各種企画に取り組んでいる。
 

そして今回、作品上映の他にトークイベントの開催が決定した。
「『ルパン三世 カリオストロの城』の魅力を深掘り!ウクライナ人学生が映画評論家・切通理作に聞く」と題し、『宮崎駿の<世界>』(ちくま新書)で第24回サントリー学芸賞を受賞した映画評論家・切通理作氏がゲストに登場。切通氏と共に、インターン生として今回のイベントに携わる学生たちが『ルパン三世 カリオストロの城』を鑑賞して感じた魅力を深掘りしていく。
 

本イベントは世界のどこからでも参加可能。『ルパン三世』が好きな方、ウクライナ人学生の活動に興味がある方、どちらも楽しめるイベントだ。ウクライナと日本の文化交流の一環として、ぜひ多くの方にご参加いただきたい。
 

【J-Anime Stream for Ukraine 特別企画】
『ルパン三世 カリオストロの城』の魅力を深掘り!ウクライナ人学生が映画評論家・切通理作に聞く

開催日:11月27日(日)19:00-20:00(日本時間)/12:00-13:00 (ウクライナ時間)
言語:ウクライナ語・日本語(通訳あり)
形式:Zoom
参加費:無料
 

ゲスト
切通 写真喫茶店
切通理作(映画評論家、脚本家、映画監督)
1964年生まれ。1993年『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』(宝島社/洋泉社より増補新装版
)で著作デビュー。批評集『お前がセカイを殺したいなら』『ある朝、セカイは死んでいた』(フィルムアート社)『情緒論~セカイをそのまま見るということ』(春秋社)で映画、コミック、音楽、文学、社会問題をクロスオーバー。『宮崎駿の<世界>』(ちくま新書)で第24回サントリー学芸賞受賞。
 

イベントの詳細・申込についてはJ-Anime Stream for Ukraineの公式ページから。

 

★J-Anime Stream for Ukraineではクラウドファンディングも実施中です。ぜひ応援をよろしくお願いいたします!
■クラウドファンディングプロジェクト
「ウクライナ人学生が翻訳した日本アニメを現地の人たちに見せたい」

公開日:2022年10月11日(火)11時
募集サイト:https://readyfor.jp/projects/JASU
主催:日本映像翻訳アカデミー

 

関連記事:
◆『ルパン三世 カリオストロの城』と『サカサマのパテマ』 ウクライナ語字幕でのオンライン無料上映が決定!~ウクライナ人留学生が協力して翻訳。クラウドファンディングも実施~
https://www.jvta.net/tyo/2022_j_anime_stream_2/
 

◆日本映像翻訳アカデミー、ウクライナ避難民学生 23名の長期インターンシップを受け入れ
https://www.jvta.net/tyo/2022_j_anime_stream/
 

◆【字幕・吹き替えでサポート】UNHCRのアニメーション動画で難民問題を学ぶ
https://www.jvta.net/tyo/unhcr-animation-movie/
 

◆国連UNHCR協会×JVTA 翻訳者だからできる難民支援のカタチ「UNHCR WILL2LIVE Cinema 2021 募金つきオンラインシアター
https://www.jvta.net/tyo/unhcr-will2live-2021/
 

◆故郷を追われた人を守り続けて70年 UNHCRの活動をJVTAはサポートしています
https://www.jvta.net/mtc/who-we-are-unhcr70/
 

◆【『戦火のランナー』が劇場公開】翻訳者だからできる社会貢献のカタチ
https://www.jvta.net/tyo/runner/
 

◆アフガニスタンから逃れた家族の旅路『ミッドナイト・トラベラー』が劇場公開
https://www.jvta.net/tyo/%EF%BD%8Didnight-traveler/


 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
◆【時期開講は2023年4月】
映像翻訳に興味を持ったら「リモート個別相談」へ!
(希望者には字幕体験レッスン可)

リモート個別相談
※詳細・お申し込みはこちら
 

◆【映像翻訳をエンタメのロサンゼルスで学びたい方】
ロサンゼルス校のマネージャーによる「リモート留学相談会」

la soudankai
※詳細・お申し込みはこちら
 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrPin on PinterestDigg thisEmail this to someonePrint this page